留学経験なく、英語ができない夫婦が四苦八苦しながらも、留学の勉強以外に、体育会系クラブ、Party、旅行とかなりチャレンジしながらも、充実した留学生活を送っていった物語とその後の人生を綴っております。


by michiganlife
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
人には強みと弱みが必ずある。強みは人により違う。だから色んな強みを持った人が集まる組織は面白い。あとはそれぞれの人が強みを活かせる環境作りが必要。

明確なVisionを持つLeaderとその環境が出来ればこの会社は強い。そう思った。

人には色んな強みがあると思うが、これは強力と思ったのは
『知的好奇心旺盛』
『努力できる力』


この2つがあればいつまででも自分を成長させることができる。この2つを持ち続けさえすれば、今が平凡であろうが、白かろうが、1年後、5年後、10年後計り知れない成長を遂げることができる。どれだけ有能な人であってもすぐに追いつき追い越せる。



今の自分にできることとできないことがある。いつでもできないことは沢山。できないことを悩んでも仕方がないので、できることを地道に変えていくのみ。できないことと同じようにできることも沢山ある。チャンスはみんなに平等にあるもの。それを活かすも殺すも自分次第。

日々研鑽あるのみ


頑張れみんな、頑張れ俺!
# by michiganlife | 2007-04-14 12:00 | 留学後記

2007/3/18 考え

体調が悪かったり、体力がないときは、超後ろ向きに考えがちです。

『俺はいったい何をやっているんだっ~~?』

そう漠然と考えてしまいます。


精神的にも体力的にもぎりぎりを走るとそういう風に考えてしまいます。 久しぶりに娘と遊びました。家族の時間は大切です。人間は弱い動物です。一人では生きていけません。精神的に一番弱い動物です。だから感情にかなり行動が左右されてしまいます。喜怒哀楽。 いかに喜楽=気楽に一回こっきりの人生を満喫できるか。仕事でいっぱいなときほど、そういう風に客観的に大きな流れを見極めたいと思います。

まずは、ゆっくり寝ます。
# by michiganlife | 2007-03-18 22:49 | 留学後記

どっぷり

自分の将来を考える暇もないくらい、すっかりとそしてどっぷりと嵌っている毎日を過ごしています。日々埋没されずにやっていかないと自分の成長はないと分かっているんですが、やらねばならないことだけでいっぱいいっぱいになってる自分がいます。

やらねばならぬ事を羅列するだけで、まだまだ時間が足りないな~と考える程で、その波に飲まれないように自分を高めていかねばなりません。

このままでは私はあっという間に貴重な人生を終わらせてしまい、悔いを残すことになるでしょう。やばいやばい。

+α +αを大事にしていこう。  
# by michiganlife | 2007-03-11 22:47 | 留学後記

子供の成長をみて

1.子供の成長

子供の成長を見るのが楽しい。

最近は色んな言葉と動作を覚えだした。

まるでドラクエをやっているときに、経験積んでレベルがあがり、魔法を覚えた、
あの新鮮な感動。

一日一日わずかな成長。一日でわずかに一言・一動作を覚える進歩。

それでも1週間たつと、かなり成長したと実感する。


大人の成長も、仕事上での経験も同じように一日一日のわずかな一歩が
大事だと思った。日々自分がどう成長しているか分からないが、一日一日を
大切にして『昨日の自分に今日は勝つ』と過去の自分を超える努力をして
いれば、きっと見違えるように成長するはず。

ライバルは昨日の自分・今日の自分。常に上を目指す。

例え、覚えた魔法が『どうぞ』という一言であっても、一日中『どうぞ』と娘が言い続け、「人に物をあげるのは『どうぞ』というんだな~」と娘が理解する。そして色んな物を僕や妻に渡そうとする。

お風呂ではシャンプーやリンス、洗顔料を渡してくれるようになった。
どれもこれも成長です。愚直に頑張れば大人になっても成長します。


2.やりがい-成果の架け橋

娘に挨拶や遊びを仕込んでる時にに感じたのは、教えるときに、いかに『成果/やって欲しい動作・話して欲しい言葉』と娘の喜びをつなげるのが大事かを実感した。成果だけを求めていても娘は一向に動かない。娘は娘のやりたいことがあるし、感情がある。僕らはいかにその感情と成果を結びつけるか、それを助ける役目しかない。娘の喜びは親の笑顔であったり、ご褒美であったり、親の拍手であったり、親に本を読んでもらうことであったり。一度習った技、たとえば『ごちそうさま』と手をあわせてお辞儀することを習わせるときに、いつも満面の笑顔でほめてあげると、嬉しそうに、何度も何度もその動作を繰り返す。そうやって次第に色んなことを覚えていく。

如何にみんなのやりがいと成果=成長=成功を結びつけるか。これが使命だと思う。自分のMissionはみんなの架け橋になること。
# by michiganlife | 2007-02-06 22:29 | 留学後記

ビジョン

人を動かすには、みんながついてくるビジョンが必要。志同じくする人を集めまずは定期的に飯を食べることにする。(定期的会合など固いことはせず、まずはVISIONを共有する)

特に人を集めず志高い人は誰でもWelcome。
# by michiganlife | 2007-01-25 01:13 | 留学後記

とりあえず終わった

まだやりたいことの2割しかできていない。それからもっともっと改革していきたいと思う。改めて構想段階に入ろうと思う。
# by michiganlife | 2007-01-21 10:29 | 留学後記

子育て  2007/1/8

1歳になって娘が走れるようになった。発する言葉はまだ片言だが、かくれんぼと鬼ごっとの楽しさを娘に教え込んだ。今は親子ではまっている。流行っているおもちゃもすぐに飽きる。どんなに高いおもちゃでも体を動かす遊びのほうが楽しいし・面白いということを娘に教えたい。一人で遊ぶよりも二人で遊ぶほうが楽しいことを娘に教えたい。 ~子育てをしながらそう思いました。
# by michiganlife | 2007-01-08 00:12 | 留学後記

年初  2007/1/5

誰かがやってきた道ではなく、新しい試みなので自分で道を切り開いていくしかなし。自分のやりたいことを進めたら、そら時間ないわな~と帰りの電車で一人で悟りを開いてた。

やりたいことをやっているにもかかわらず、あまりの繁忙感で忘れてた。繁忙感は恐ろしいものだが、質的にも量的にも必死にしても期限に間に合うのか?という不安で頭がいっぱいの毎日過ごしていると、やりがいのある仕事でもなぜか"仕事"としてもくもくとやらざるを得ない。もっと余裕をもって前向きにやらなければ良い発想もでない。

ベンチャーの社長もきっとそんな毎日を過ごしているんだろうな。一サラリーマンよりももっと大変だろう。きっと一つのプロジェクトが終わったときに何か悟るのだろう。きっとこれを乗り越えたとき自分のキャパは3倍増するに違いない。そして自分はその後もやっぱり走りつづけるんだろう。今の量を当たり前にこなせるようになった時にそこで満足すれば成長は止まる。さらに上を目指さなければならない。日々のルーティーンだけで終わるならつまらない。対価はやっぱりそれ以外に達成感+やりがい+自分にしかできないものを築くこと。 、成長しよう・学ぼうという気持ちを忘れたらもうその人は終わり。魅力も何も感じない。人生死ぬまで学び続けること。『謙虚な気持ちを忘れたらもうそこで成長は終わる』
忙しいときや余裕がないときは、前向きに考えるのが本当に難しい。時間に追われたら尚更。今は出勤前の朝の1時間の喫茶店をうまく利用するように心がけている。来週からは米国公認会計士の勉強もスタート。今の仕事とは全く関係ないので自分への負荷はさらにかかること間違いなし。でも将来自分がやりたいことを考えると止まることはできない。

休日は家族と遊ぶことをたっぷり。全く感覚の違う日々を(バランスがあるのかないのかよくわからないが)過ごしている。家族との時間もかけがえのない時間。僕は正直、欲張りだと思うがやっぱり人生一回きりだし、出来る限りは自分を試してみたい。

明日からは家族で温泉旅行
# by michiganlife | 2007-01-05 23:51 | 留学後記

この1年を振り返って

この1年を振り返ると、その中で感じたことは、

『会社は想像以上に動かすことができる。人間は想像以上に動かすことができない。』

ということ。

重要なのは環境・カルチャーを変えること。人はそう簡単には動かない。

昨日、元上司から携帯に電話があった。
『もっと上を目指せ。今の仕事に満足するな。』

さらに情報収集し、やりたいこと・やるべきことの幅と深みを広げる。
# by michiganlife | 2006-12-28 22:55 | 留学後記

11/13/2006

昨日ふと思ったんですが、そういえば中学のバスケ部のときも、大学受験も、ダンスも留学時も全てにおいて、自分は不器用で最初は必ず苦しんで結果も残せず悩み続けた日々でした。もともとみんなと比べて才能ないって思ってた分、みんなより努力しないと、がんばらないと絶対勝てないと悟ってたと思います。

そんな気持ちがいつの間にか消えており、驕っていたのか、自分の能力を過大評価していたのか、ハングリー精神が自分の中で弱まってることに気づきました。仕事上ではなかなか相対評価は難しいので明らかにしていなかっただけで、結局僕は不器用なことに変わりなく。そして、弱いところを見せてはあかんとばかり考えている小さい自分がいることにも気づきました。

みんなと同じようにしていたら、何でも負けるんです。はい。それが自分の原点。それがスタートライン。負けて当たり前。そう考えると、心の中ですうっと一本とおった気がしました。なぜかすっきりしました。

そんな自分には努力という強い強い味方がついてます。その味方がいることを忘れていました。
# by michiganlife | 2006-11-13 23:50 | 留学後記

11/9/2006

今日は試練の日でした。後ろ向きになりそうな限界を走ってますが、ただもっともっと食らいついていかないと成長しない気がします。残った時間も限られてることだし。明日は今日の自分を越えることを目標にして一日一日をしっかりと濃い一日にしようと思います。 明日も前向きに。世界は自分の考え方次第で変わる。ようは自分に勝てるかどうか。がんばれ俺!!
# by michiganlife | 2006-11-09 00:26 | 留学後記

受験結果 11/8/2006

Audit試験無事合格。アメリカの大学単位を取得できたので、会計学の本番に向けてアクセル踏みなおし。仕事もアクセル踏みなおし。まだ目標は見つからないが、少しの間、無我夢中でやってみようと思います。
# by michiganlife | 2006-11-08 00:17 | 留学後記
Audit(監査)の単位取得の受験が無事終了。$325の出費。かかった時間は100時間強。漸くモンタナ大学の単位をクリアできそう。結果は待つのみ。少しずつ前進。自分の可能性をもう少し広げたい。でもまだ目標見えず心の中は曇り時々晴れ、のち曇り。
# by michiganlife | 2006-11-05 20:00 | 留学後記

向かうところ  11/1/2006

これからの1年が今までで一番自分の成長が止まりそうな予感がして、危機感を抱いてる。やる気はあるが、自分の何処が強みなのか、自分のどこを伸ばすべきなのか、何を目標にすべきなのかまだまだ迷いのさなか。向かうところを探さないと伸びない。もう少し掘り下げて考えて見ます。
# by michiganlife | 2006-11-01 21:03 | 留学後記
嵐が過ぎ去って、落ち着きを取り戻した。忙しいながらも平凡な日々が続く中で、ふと立ち止まって考えた。

1年間何とかがんばった。ただ、同じように今から1年間やるのは意味がない→自分が成長しない→来年の僕は、今の僕と変わらない。

そう考えると、恐ろしくなってきた。

今年はこの1年間やってきたことは当然やるとして、昨年やらなかったことを目標にします。直訴は挑戦。できるかどうか不安はあったけれどやらないと伸びないと悟ったので思い切ってお願いした。今はそれをこなすのに日々闘ってるが、この2日でそれだけこなしても、成長率は自分の満足できないレベルだと実感した。まだまだ足りぬ。縦と横の幅がいる。さらに自分を伸ばさないと。何をすべきかこの1週間よく考えます。
# by michiganlife | 2006-10-27 22:17 | 留学後記
CPAの取得のために、必要な会計学の単位取得の勉強を帰国後してましたが、漸く試験が受けれる状態になったので、来月早々に受験してきます。

今の仕事とは全く関連性もないですが、自分の進みたいキャリアパスを目指すにあたって必要な自己啓発を引き続き続けていこうと思います。帰国後は忙しくなり、家族も増え、なかなか自己啓発の時間がとれないですが、限られた中でもやれるだけやってみます。

5年後、10年後を見据えて。



家族で先週行ったフランス料理店にて
c0014416_2301292.jpg

# by michiganlife | 2006-10-15 22:43 | 留学後記

周りの活躍 9/29/2006

Michigan大学のNewsletterが毎月届く。みんなすごい活躍してるなぁ~と感心する。今週は久しぶりに同期会で、今後どうするべきかという、ベタだけどかなり熱の入った議論をした。耳をすませると、後輩や同期の活躍も自然と耳に入ってくる。

自分は引き続き匍匐前進が続いているけど、それが自分のやりがいやからなぁ~。みんなに負けんようにがんばらんとね。
# by michiganlife | 2006-09-29 01:13 | 留学後記

仕事を転がす  9/26/2006

最近大事だなと思うことが、仕事を常に転がそうとすること。仕事は自分ひとりですることはほとんどないといってもよい。同時に複数の物事を進めるのは気持ち的にあんまり好きではない。ひとつのことに集中したいと思う。一方、そうはいかない。仕事を進めるうえで、お願いと必ずいろんな人がからんでくる.

早めに玉を投げて考えてもらう。その間に自分は別の事にとりかかる。その間に何らかの形で玉は転がっている。お願いは早め早めにやっておく。いうだけで、仕事は転がっていく。仕事は転がさないととまったまま。すっと一度転がせば、ある一定のところまで転がっていく。で、とまったことがわかったらもう一度ころがす。自然とどちらかには転がる。その間に別の玉を転がす。

転がす。転がす。転がす。

沢山の案件かかえていれば、転がすことが大事。自分で抱え込んで、転がさないとどんどん時間だけが過ぎていく。
# by michiganlife | 2006-09-26 02:01 | 留学後記

仕事 9/24/2006

最近仕事で遅くなることも多く、明日も休日出勤。しかし、思ったほど苦にはなっていない。不思議なことに。もちろん、家族との時間が減ってしまうのは正直辛いし、それを理解してくれる妻には非常に感謝してます。ただどんなに遅くなろうが、今は仕事をしていてもあっという間に時間が過ぎていく。

ミシガン大学に留学していたときも同じことがあった。毎日、Discussionは夜まで続き、Reportを仕上げるのに徹夜の日々。でも充実感があった。Team Memberがもうこのあたりで出そうという話になっても、妥協したReportを出す気持ちにはなれず、もっとやろうとTeamを引っ張っていたことも多かったように思う(その分、たくさんの人に迷惑をかけたが)。

今の仕事は、辛い日々が続くことが多い。プレッシャーも相当ある。各部署からクレームもある。部署の中では一番したっぱ。自分の意見はそうやすやすと通るわけはない。新しい部署にきてまだ1年。知らないこともまだまだたくさん。怒られることもしょっちゅうある。先輩に愚痴ることもあれば、家族に悩み相談をすることもある。相当落ち込むことも何度も。そしてこれからもずっと続くだろう。


娘ができてから、家族のありがたさ、妻のありがたさを再認識したが、一方で、Business manとして、大きな目標に向かって、でかいことをやり遂げたいという気持ちが強くなったのも事実。そして、この会社でやれることもまだまだたくさんあり、それも自分しだいでやっていけるということも確信した。これからは今以上に自分の信念を貫こうと思っている。

昔は正直、『これをやると自分に×がつくかもしれない。』と保守的に考えてしまっていたところもあったが、最近、『出世とは何ぞや?』とすごく考えるようになった。自分の働くIncentiveは出世ではない。一方で、自己実現をしようと思うと、絶対、権威・ポスト・権力が必要だとも思っていた。より大きな仕事は出世しないとついてこない。これは事実。ただ、では部長になれば自分のやりたいことができるかというとそれはNo. 部長の上には役員がいる。役員になっても上には社長がいる。社長になっても、株主の力は強いし、Marketのプレッシャーは強い。では、サラリーマンである以上、自分のやりたいようにはできないのだろうか?お金持ちになって物言う株主になるほうがいいのか?自分で会社を興すしかないのか? 答えはNoだと思ってる。

平社員であろうが、権力がなかろうが、自分の信念をしっかりもちさえすれば、どこのポジションにいても自己実現は可能だ。勿論一人の力では何もできない。上司を説得する必要もあるし、部下の協力も必要だし、同期・同士からの意見・協同も貴重だ。一人では何もできない。志を強く持って一つずつ地道に変革を起こそう。そのためには、みんなの意見を聞いて、みんなの協力を仰ぎならが、みんなで変えていく。会社をよりよくすること。それを通じて一人一人が自己実現し、自己成長すること。それが刺激となって周りにも波及する。それが大きな力になる。その力は誰にも止められない。今の会社は変えるべきところもたくさんあるが、まだまだ変えることができる可能性をたくさん秘めている。それは会社ではなく、会社にいる人間の能力の高さからだ。特に若手の。

どこまで出世するかは人によって違うだろうが、いずれ人は会社を去る。どこのポジションまで行こうがいずれ去る。去るまでにできるだけ自分の力を試したいし、会社を少しでも動かす動力になりたい。着火マンでも導火線でも縁の下でも何であっても。多くの人で会社を動かすときのひとつの役目ができればそれでよい。将来どうなると気にしてたら、一生、将来気にして仕事をすることになる。そんなのでBusinessman人生が終わるのはもってのほか。勿論、家族を路頭に迷わすことはしてはいけないが、今を精一杯生きる、自分の信念を貫き、実現する。それが大事。それが必ず将来の自分にもつながってくる。

明日も自己実現をするために会社に行ってきます。
そしてできるだけ早く帰って残りの時間は家族とのんびりとすごしたい。
# by michiganlife | 2006-09-24 01:25 | 留学後記

Leaderの姿 9/23/2006

Visionを掲げみんなを引っ張っていくLeader。

今日、1人のLeaderの姿を見た。

①自分の理想を掲げ、それに対して何が何でも実行するという強い信念を持ち、どんな困難があろうとも、どんな反対があろうとも実行する決意を変えない。どんなに抵抗勢力があろうとも、まったく屈しない。まず、明快なGoalを定め、それを達成するために、部下全員の数値目標も明確にする。細かなことは気にしない。大きな目標さえ達成すればいいのだ。


こんなLeaderはどう思うでしょうか。



私の答え:最悪です。

①何故抵抗勢力があるのか?なぜ反対者がいるのか?本当に掲げる理想を実行するのに必要な要件をわかっていますか?なぜ抵抗者がいるのでしょうか?単に保守主義だからでしょうか?『できない』というのは、何故できないのでしょうか?やる気がないからなのでしょうか?障害があるからなのでしょうか?能力がないからなのでしょうか?

②理想を掲げるのはすばらしいこと。ビジョンが明確なのもすばらしいこと。でも理想と現実は異なります。理想を現実にするとき、理想だけをかかげて本当に実行できるのでしょうか?理想を実行するときは、細かなところまで実行計画を練らなければなりません。その場合、色んなこまかな問題がでてきます。それを単にやれ!というだけでは何も解決しません。それはどうやって解決していくものなのでしょうか?何でできないんだ?だけで終わる人はLeaderにはなれません。何が問題なのか理解し、一緒に取り組んでいく必要があります。



僕が考える理想のLeader像
①明確なVisionを掲げるだけでなく、それがどれだけ重要かということに対して、部下・同士を含め全員のConsensusをとる。一人だけがVisionを掲げても、ついてくるものが理解してなかったり、納得いかなかったり、不満をもっていれば、推進力は弱くなる。まずは全員の理解と納得が大きな第一歩。

②単にVisionを掲げるだけでなく、単に理想をかかげるだけでなく、それを実行するために詳細をみんなと一緒に練っていき、実現するためには何が問題で何が足りなくてどういう工夫が必要か。Leaderは全員と一緒に考えます。単に命令するだけのManagerであれば何もいりません。誰でもできます。理想を言うのは簡単。評論家はいらない。実行するのは頭で描くよりも相当難しい。

③Leaderは命令しません。全員が成長すること・自分を通して自己実現すること・やりがいを感じること・達成感を感じること・困難を克服することにより自分が大きくなること・全員で大きな目標を達成することで、よりよい環境、よりよいTeamづくりをすること。それらをLeaderはサポートするだけ。どちらに向かっていくべきか、全員を同じ方向に促すだけ。自主的な組織はそうしないとできあがりません。そして、みんなで刺激をしあう。


これが私が目指すLeader像です。今日は、反面教師に出会った日でした。

自分が組織を動かすときは必ずこうします。
# by michiganlife | 2006-09-23 01:48 | 留学後記