留学経験なく、英語ができない夫婦が四苦八苦しながらも、留学の勉強以外に、体育会系クラブ、Party、旅行とかなりチャレンジしながらも、充実した留学生活を送っていった物語とその後の人生を綴っております。


by michiganlife
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2007/4/10

若い後輩たちと久しぶりに一緒に話をして、もっと一日一日を大事に生きようと思った。

一日一日、昨日の自分を越えるよう日々研鑽
# by michiganlife | 2008-04-11 23:23 | 留学後記

成長率と割引率 2008/4/7

新人にとって10年働いている人はすごく見える。でもそれは10年余計に働いているから当然。大事なのは、今から10年間働いて追いつけない凄さかどうか。

とある新人Aの能力=100
とある10年目Bの能力=200とする。
つまりBは質量ともにAの2倍の仕事ができる。

Aから見たらBは+100も上にいるのですごくみえる。でもBはAより10年余計に働いているから当然。大事なのは、今から10年間働いて追いつくすごさかどうか。
Aの成長率=10%とすると、
Aの10年後は100*(1.1)^10=259>200 10年後にはBを余裕で追い抜く。
さらに100*(1.1)^8=214>200 つまり8年で追い抜く。

逆に考えると、自分の期待成長率=10%とすると、Bの現在価値を図るため毎年10%の割引率で割っていく。
Bの能力の現在価値=200/((1.1)^10)=77<100
つまりAの現在価値のほうが大きい。

どれだけすごい人でも10年あれば追いつきそう。
あとは自分が毎年どれだけの成長率で成長していくかが問題。
成長率を図ることは難しいが、10年目のベテランのレベルに5年で追いつくように努力すれば成長率は相当凄い。ようは成長率うんぬんより誰を目標にするかがポイント。

1年上の先輩を1年かけて抜かそうとする人の成長率
<<10年目のベテランのレベルに5年で追いつくように努力する人の成長率

より高い目標をもった人のほうが、仕事に対する熱意・気持ちが必ず違う。そこで差がつく。そして、それで5年後、10年後どうなっているか決まる。

10年経過
自分の力は、5年目が5年かけて追い抜けないレベルか?そうではない。
自分の力は、1年目が10年かけて追い抜けないレベルか?そうではない。
まだまだ目線をあげる必要がある。
# by michiganlife | 2008-04-07 19:15 | 留学後記

しばらくの目標 2007/2/2

3ヶ月の目標

1.謙虚に
2.愚直に
3.日々学び、日々研鑽
4.人には真摯に

3ヶ月で自分のステータスを築く。


頑張れ、俺!!
# by michiganlife | 2008-02-02 21:32 | 留学後記

2008/1/30

坂の上の雲のフレーズ 『海南は留まるところにあらず。』

チャンスはある。
機会はある。
あとは自分の力量。
どこまでできるかやれるだけやってみる。

がんばれ俺!
# by michiganlife | 2008-01-30 23:52 | 留学後記

2007/12/29

もっと大きな世界で働きたい。
# by michiganlife | 2007-12-29 00:22 | 留学後記

再検査

人間ドッグにひっかかり先週再検査。なんともなかったけど、もう僕の命はあと少し?とちょっと思ってしまった。やりのこしたこといっぱいあるって思った。家族が一番大事って改めて思った。一日一日もっと大事にかみしめて生きようと思った。
# by michiganlife | 2007-12-03 23:49 | 留学後記

つぶやき 2007/11/11

精神的にもきつかった。週末には精神的なストレスが溜まっていたのかなかなか疲れが取れない状態。前例がないと全てのことが本当に勉強になる。いろんなことを知った半年。それ以上に辛かった部分も多かったな。自分がこれを機に成長できたのかどうかはわからないまま、まだやり遂げた達成感も実感できないままだが何かきっと得ているものがあるにちがいない。まずはゆっくりと精神面をおちつかせ次に進むところを見つけ出そう。
# by michiganlife | 2007-11-11 21:17 | 留学後記

今日は愚痴 2007/10/11

今までとある理由で連絡を取り合っていた米国人から早朝に電話があって話し合い。久しぶりに英語でTalk。さすがにSpeakingは鈍っていたがListeningは意外といけるやんとテンションあがったまま会社に。

しかし今日は全然あかん。報告漏れに気づきドタバタしたところに仕事がどっと。キャパ不足を感じた一日だった。精神的にも頭脳的にも。。。期限に追い詰められてワラワラ。そんなところに官僚的な人から連絡があり自分勝手な内容でかなりブルーに。。。自分の仕事があほらしくなる瞬間が今日はあった。やってられんと思い怒りをどこかにぶつけたいと思った。

体力的に疲労が蓄積されていることもあり前向きパワーは減退。今日は家に帰るルートを変更して河原で自分を振り返る時間をつくった。きっと寝まくって元気になれば前向きになるんだろうと思うがあとで自分を振り返るために今日は愚痴を書いてみた。

がんばれ俺!
# by michiganlife | 2007-10-12 00:06

最近思うこと 2007/9

休日は家族と外出したり遊んだりする予定を入れていく。この夏は結局BBQを6回もやってしまった。LifeBalanceの観点だけでなく仕事のことを全く考えない日があるのは仕事にとってもプラスになるはず。自分の頭の限界を最近感じるので頭をよく休ませる必要もあるし。子供ができると行こうと思う場所も増える。子供向けの遊園地や公園なんかここまで行くとは、子供ができるまで思ってなかった。子供のためにという義務感もないのだが、いつのまにか自分も妻も娘の笑ってる顔と一緒に楽しんでいる。これが親ってことなんだろうか。いろんなものの見方が変わってきた気がする。今まで全く見えていなかったところが見えてきた気がするのは気のせい?

一方仕事は面白くなかったり、納得できなかったり、いらいらしている自分が見えたりする日も多々あるが、基本的にやりたいことをさせてもらったり、任せてもらえたりすしているので一昔前に比べると働く環境もよくなっているし、遣り甲斐もでてきたと思う。自分の手で変えれるところが沢山あることもわかったし、自分次第でなんぼでもできるということもわかるし。ただ自分の仕事力の付加価値を考えたり、自分の目指す将来像を考えるとまだまだ足りないところだらけだ。この会社をどうしたいのか?何が本質的な問題なのか?じゃあどうするのか?どこの会社の経営戦略にも出てくるような言葉を並べたような抽象論(顧客主義・付加価値の拡大・基盤拡大・ニーズ喚起。。。。みたいな)ならできるが、他社がびびるような具体的な戦略はまだ描けていない。もっと大きな仕事をしたいというために、『じゃあできるなら、お前は何をするねん!?』という質問の答えはまだない。

目の前にある自分でできる範囲のことを愚直にどんどん変えていく。これはやるよ。ただそれだけではたりんだろ、俺!目線はまだまだ低いなと反省しきりです。従業員一人一人の満足度UP・ES。それはそれでやらねばならぬことは沢山ありますがそれだけではだめでしょう。実家に帰り久しぶりに島耕作を読みましたが、いつよんでもサラリーマンは本当に弱い立場であっけなく仕事人生終わるつれなさを感じます。VisionとPassionとStrategyが足りないわ。あかんは俺。地元に帰り小学校の遠足でよく行った公園でふと色々感じました。最近は時間もないことから、昔の『お勉強』から具体的な会社戦略・自分戦略を練っている毎日です。そんな簡単に答えはでないと思いますが前向きな悩みの日々はまだまだ続くでしょう。思ったことが整理できぬままに書いてしまいましたが、整理できてないのが今の自分。


c0014416_22475127.jpg
c0014416_2248463.jpg

# by michiganlife | 2007-09-29 22:58 | 留学後記

最近の読書  2007/8/8

《ここ2週間に読んだ本》
『サービスを超える瞬間』高野登(再読)
『リッツ・カルトン20の秘密』井上富紀子他(再読)
『人を動かす』D・カーネギー(再々読)
『水煮 三国志』成君憶(再々読)
『宿澤広朗 運を支配した男』加藤仁
『ブルー・オーシャン戦略』W・チャン・キム、レネ・モボルニュ他
『なぜ、エグゼクティブはゴルフをするのか?』 パコ・ムーロ


《これから読む本》

『孫子』岩波文庫
『実践経営哲学』松下幸之助
『言志四録』佐藤一斎
『上司に「仕事させる」技術』大久保幸夫
『MBAが会社を滅ぼす』H・ミンツバーグ
『ザ・ウィナーズ 』パット・ライリー
『チームリーダーの教科書』藤巻幸夫
『現代の帝王学』伊藤肇
『経営学』小倉昌男

土日は子供と公園で遊ぶことを優先・平日は時間がなく読書は早朝の1-2時間しかなし。時間が限られているのでどうしても読む本が偏る。自分のやりたいことに関連しそうな本をどうしても手にとってしまう。これに加え、Business雑誌を毎週4誌⇒さらに偏る。。。。時間を何とかつくって妻が読んでいるような小説を読みたい。。。
# by michiganlife | 2007-08-09 00:09 | 留学後記
自分の成長率が鈍化していることを実感してから、基本に返り、本を片っ端から読み漁り、色んな人からも何か盗もうとしていた。本や雑誌はいつも以上にこれでもかというぐらい読んだ。それでもまだ読みたい本が山ほどある。時間は本当に一番貴重で有限のリソース。。

本を読んで『なるほど』と思うだけでは何にもならない。昔、本は3度読みすると言ったが、(一回読んで重要なところに線を引き、二回目その線を引いたところを読み返し、三度目は自分の環境を念頭にどういう風に使えるかを考えながら再読)、それでも足りないとかねがね考えていた。

『小才、縁に出会って縁に付かず。中才、縁に出会って縁を活かせず。大才、袖すりあうも縁に繋ぐ』 by古典

気付きがないのが最も良くないが、それに気付き、感付いても『なるほど』だけで終わっては中才。大才は必要な人に会いに行ったり、良い本に出会ったらそれを活かす。気付きを如何に活かせるかが大事。

人に出会って学んだこと・本と出会って学んだこと・些細なことでも気付いたこと、ほったらかしにしていると、当たり前だが人間必ず忘れることに気付き、自分の成長率を上げるために4月ぐらいから『自分の気付き』ノートを作成してきた。

細かく落書き調で思いつくまま、毎日、毎回気付きがあるごとに、少しずつ少しずつ書き出していったがあっという間に数ページびっしりになっていた。人間、世の中から学ぶことはこんなに多いことか。それを今まで自分の記憶という頼りないものに勝手に任せていた自分を反省。。。。

気付きを書き出してきたノートを何度も読み返していくと、自分にはまだまだできること・まだまだすべきこと・まだまだできていないことが沢山あることを改めて実感した。

このノートの全てのページをぎっしりに埋め、何度も読み返し、それを仕事に活かしていくことが、今の自分の前に立ちはだかる壁を突破する力になるはず。

引き続き、

Learn from Book. Learn from People. Learn from Life
(by Prof. Ahuja/UofM)

c0014416_21484782.jpg

# by michiganlife | 2007-07-16 21:50 | 留学後記

Diversity Management 7/15/2007

アメリカ留学中にDiversity(多様性) Managementの講義を受けたことがある。アメリカは人種差別がまだ残っており人種の多様性の必要性を訴えた内容で日本では関係ないなと感じていたが、最近日本でも少しずつDiversityについて話がでてきている。

まずは女性。これは言わずもがなで、家庭をもつ女性が如何に働きやすい職場にするか。女性活用や両立支援の制度は固まってきているが職場風土や管理職の考えはまだまだ変えていく必要がある。

一方、僕自身は男性・女性だけに限らずDiversity Managementが必要だと考えている。何に対するDiversityかといえば、それは

『人生の生き方そのもの』


であり、

『それぞれの人の働くことに対する価値観』


である。

・仕事と家庭の時間的・質的バランス
・仕事からは何を求めているのか?やりがい?成長?つながり?専門性?お金?

昔のように一律に人をみる考え方は古い。人間は一人一人違う生き物で、上司はそれぞれの人・部下に対する接し方を変える必要がある。会社も多様性を受け入れる制度・環境・カルチャーをつくっていかねばならない。難しい課題。
# by michiganlife | 2007-07-15 22:27 | 留学後記
後輩たちから沢山の意見を貰いました。色んな意見を聞け、とても勉強になりました。

できないことも沢山ありますが、できることも沢山あり、できることを全てやりぬくだけでも時間という貴重なリソースは足りないぐらいなのでできることに焦点をあててやっていきたいと思ってます。

今年は変えましょう!という声が多かったのが一番嬉しかった言葉。風通しのよい環境作り・メリハリ・無駄を徹底的に省く・ミッション以上に個人それぞれが経験を通じて自己成長でき、やりがいを感じられる環境。
# by michiganlife | 2007-07-01 00:01 | 留学後記

成長率

職場の環境が1年前と比べるとぐっと良くなった。処遇であれ環境であれ仕事に慣れたこともあれ余裕がでたのもあれ。。。一方で、自分の成長率は明らかに落ちている。自分が伸ばすべきところは一つでなく色んな要素があるので簡単に計ることはできないがどう見積もっても伸びてないよ、俺。。。 この部署に来たときは色んな改善案をもってきたがそれをぶつけていっている間に会社も部署も大きく舵を切りよい方向に進みつつある。改革をすることが自分のモットーながらいつの間にかルーティーンで終わっている自分がいる。確かに自分に負荷される仕事量は増え必死に動いている自分もいるが、もしかするともう自分は保守派になってしまってるのかもしれない。やばい、やばい。

細かな改善は引き続きやりつつも、大きな花火をあげるネタをもう少し集めたい。
まずは現場をもう一度じかにあたってじかの風にあたろうと思う。周りの声を聞き、アンテナを高くはることを心がけている今。同期含め色んな人と積極的に会い、会社にとって、自分にとって何が必要かもう一度今考え直しています。

止まらずに進み続けたい。
# by michiganlife | 2007-06-23 05:43 | 留学後記

夢・目標

自分の夢が漠然としている。色んなことを考え、悩み明け方5時まで一睡もせず。競技ダンス部にいたときは明確に『全日本優勝』が目標で夢だったし、会社に入って海外留学することも一つの目標だったし、。。。短期的な目標は沢山あっても、残り20年程のサラリーマン人生の目標が定まらない。定まったつもりであったけど。 何も目標を持たずともやっていけるけど、明確な意志を持ったものと持たぬものでは推進力が明らかに違うのは間違いない。

今のままでは、成長のスピードも納得できぬ遅さ。。。。まずこの半年の目標をもう一度よく考えてみようと思う。
# by michiganlife | 2007-05-04 04:36 | 留学後記

4/22/2007 付加価値

昨日と同じことを何も考えずに漫然と同じようにするなら誰でもできる。機械でもできる。少なくともアウトソースすべき。昨日と違うことをするのか、同じことを違うようにするのか、今まで誰も考えなかったことを開発するのか。どちらにせよ付加価値をつけるのが仕事。少なくとも自分の仕事が毎時毎日、自分がやることで何らかの付加価値がついているのか、自分がやるからこそ改善されているのかという厳しい目で見直すことは大事
# by michiganlife | 2007-04-22 11:58 | 留学後記

おつかれさま

今日テレビでやってたけど、

『お疲れ様』って、『疲れ』に対して、『お』をつけて丁寧にして、さらに『様』をつけて敬っているのね。本当に、疲れたことに対して、敬意を示している言葉なんだな~、そう考えると、『お疲れ様』って言葉って、『本当に良く頑張ったな。よくここまで疲れたな。大したもんだ!!よくやったっ!』っていう意味がすごくこもってる気がした。。。。 単純だけど。。。


みんな、俺、お疲れ様!!

# by michiganlife | 2007-04-21 00:11 | 留学後記

4/20/2007 ふと

自分のDestiny=宿命・さだめ・運命を感じた。
それぐらいの気持ちでいる。


やりたいこと・やるべきこと。
半分ぐらいはやれそう。もう半分はもっともっとやりたいこと
だったが、焦らず匍匐前進。

匍匐=なかなか進まんが、後退しないし、とまらないし、あきらめないってこと

もっとみんなから色んな刺激を受ける!
# by michiganlife | 2007-04-20 00:25 | 留学後記
目標

Employee Satisfactionを目指すのではなく、Employee Engagementを目指す。
Engagement=従業員の愛着感
、満足Satisfactionの域を超えてこの会社なしに自分の人生は考えられないというぐらい究極の愛着のレベルで、みんなが会社や仕事を考えられるようにする。

道のりは遠く険しい。ただそれに向かって進むのみ。自分がやらなきゃ誰がやる。。。そのためにここにきたんだ。自分がやるべきこと沢山。

Visionなきものには誰もついていかぬ。
# by michiganlife | 2007-04-18 00:13

4/16/2007

処遇ではなく、仕事の中身・環境で生きがい・働きがい・充実感が得られる会社を作りたい。。。。。 必ず作る。

やれるだけやるのみ。

明日から新たに匍匐前進スタート  日々研鑽

# by michiganlife | 2007-04-16 01:05 | 留学後記