留学経験なく、英語ができない夫婦が四苦八苦しながらも、留学の勉強以外に、体育会系クラブ、Party、旅行とかなりチャレンジしながらも、充実した留学生活を送っていった物語とその後の人生を綴っております。


by michiganlife
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2008年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

後輩から 2008/4/26

教育は共育 
by michiganlife | 2008-04-26 06:40 | 留学後記

がばい  2007/4/11

妻に進められ行き帰りの電車の中で、島田洋七のがばいばあちゃんの本を読んだ。

含蓄ある言葉多かった。

『一番やれることは笑顔』
『こっちが痛いと思ったらこっちのこそばいのは忘れる』
『大変なほうを先にやる。そしたらあとは天国』
『人生は総合力』
『一番食べたいものが高級品。うまいから高いんじゃない。品物が少ないから高いだけ』
『世間に見えはらない。うちはうちでよか』
『人間最初は裸で生まれてきた。命さえあればやり直せる』
『視点を変える』




その中でももっとも心に響いた言葉ふたつ

『二、三人に嫌われても反対向けば1億人いる。いい人だといわれていても誰かには嫌われている。世の中それで成り立っている。みんなに嫌われることもないし、みんなに好かれることもない』

『死ぬまで夢を持て。叶わなくても、しょせん夢だから』



そのとおりだ。
by michiganlife | 2008-04-11 23:31

2007/4/10

若い後輩たちと久しぶりに一緒に話をして、もっと一日一日を大事に生きようと思った。

一日一日、昨日の自分を越えるよう日々研鑽
by michiganlife | 2008-04-11 23:23 | 留学後記

成長率と割引率 2008/4/7

新人にとって10年働いている人はすごく見える。でもそれは10年余計に働いているから当然。大事なのは、今から10年間働いて追いつけない凄さかどうか。

とある新人Aの能力=100
とある10年目Bの能力=200とする。
つまりBは質量ともにAの2倍の仕事ができる。

Aから見たらBは+100も上にいるのですごくみえる。でもBはAより10年余計に働いているから当然。大事なのは、今から10年間働いて追いつくすごさかどうか。
Aの成長率=10%とすると、
Aの10年後は100*(1.1)^10=259>200 10年後にはBを余裕で追い抜く。
さらに100*(1.1)^8=214>200 つまり8年で追い抜く。

逆に考えると、自分の期待成長率=10%とすると、Bの現在価値を図るため毎年10%の割引率で割っていく。
Bの能力の現在価値=200/((1.1)^10)=77<100
つまりAの現在価値のほうが大きい。

どれだけすごい人でも10年あれば追いつきそう。
あとは自分が毎年どれだけの成長率で成長していくかが問題。
成長率を図ることは難しいが、10年目のベテランのレベルに5年で追いつくように努力すれば成長率は相当凄い。ようは成長率うんぬんより誰を目標にするかがポイント。

1年上の先輩を1年かけて抜かそうとする人の成長率
<<10年目のベテランのレベルに5年で追いつくように努力する人の成長率

より高い目標をもった人のほうが、仕事に対する熱意・気持ちが必ず違う。そこで差がつく。そして、それで5年後、10年後どうなっているか決まる。

10年経過
自分の力は、5年目が5年かけて追い抜けないレベルか?そうではない。
自分の力は、1年目が10年かけて追い抜けないレベルか?そうではない。
まだまだ目線をあげる必要がある。
by michiganlife | 2008-04-07 19:15 | 留学後記