留学経験なく、英語ができない夫婦が四苦八苦しながらも、留学の勉強以外に、体育会系クラブ、Party、旅行とかなりチャレンジしながらも、充実した留学生活を送っていった物語とその後の人生を綴っております。


by michiganlife
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2005年 10月 ( 21 )   > この月の画像一覧

音楽 10/31/2005

日曜日だというのに、今日は疲れがどっとでて、精神的にも病んでました。色々気が張ってたのでしょう。

そんなとき、ふと妻の一言から音楽を聴くことにしました。
よく考えると、久しぶりにゆっくり音楽を聴く気がしました。


『音楽は心の栄養』

納得。


私はひとと違うかもしれませんが、音楽、特にダンスMusicを聞くと、
①自分が試合で頑張ってる姿を思い出す
②合宿・試合で同期・後輩、みんなが頑張ってる姿を思い出す
③全日本戦決勝戦を思い出す。
④試合で負けた日の夜に一人で練習してたときのことを思い出す

何度も何度も聞いて踊った曲が流れれば、聞くだけでその一場面一場面が思い出されます。そしてその一曲が自分に勇気をいつも与えてくれます。

そして、もう一度頑張るかという気持ちにさせてくれました。

音楽は心の栄養
by michiganlife | 2005-10-31 23:28 | 留学後記

ラマーズ法  10/29/2005

姫路の実家に帰り、夫婦で産婦人科に行ってきました。
で、スースーハーーーーのラマーズ法習ってきましたよ。

思った以上にたくさんの人が来てて、旦那さんはみんな
こっぱずかしそうな感じでやってました。
でも、大事、大事。。。。

だんだんと実感わいてきます。

ビデオみて感動して泣いてしまいそうだったのは僕だけのようでしたが。。。
by michiganlife | 2005-10-30 09:02 | しんのすけの子育て日記

牛の鼻輪  10/26/2005

水煮三国志から最後の引用です。


牛は鼻輪を引っ張れば素直に従って歩きますが、耳や尻尾を引っ張ってみてもびくとも動かない。つまりお客さんが購入してくれる動機は何かを確り考えることだ。

つまり、お客さんの『牛の鼻輪』がどこにあるかを探すことだ。

誰にでも行動をする『鼻輪』が必ずある。 


やみくもに引っ張るよりもまずは『牛の鼻輪』を探すことだ。

by michiganlife | 2005-10-26 22:07 | 留学後記
『坊さんに、くしを売れるか?』

50%の人
『髪の毛がない坊さんにどうやってくしを売るねん。無理にきまっとるやん。』と文句だけいってあきらめる人。


49%の人
坊さんにお願いを何度もして、頭をさげて、何度も何度も訪問をして、やっと1本買ってもらった人。

1%の人
くしに『○○寺の御利益』とでも書く企画と一緒に、お寺に御参りに来る人に売ることをお寺に提案して1000本売る人。



あなたはどのタイプの人間ですか?


まだまだ人間の脳みそは使えます。



                          (水煮三国志より抜粋+勝手な解釈)
by michiganlife | 2005-10-26 00:18 | 留学後記

うわっっ!  10/23/2005

久しぶりに妻のお腹をみると、かなりでてる、でてる。

もう子どもが一人入ってるのがわかるぐらい、でかい。。。

夫の私も実感してきました。。。


いよいよです。



がんばれよ~~。 もう少しだぞ~~。
by michiganlife | 2005-10-23 01:04 | しんのすけの子育て日記
『道を志すべし』。志をもって赴けば、どんなに遠くて届かないところはない。志をもって立ち向かえば、どんな困難でも克服できないことはない。

人生の成否はその人の意志で決まる。

どんな境遇であれ、自己の考えに沿って生き方を決めることで
その結果が人生となる。


運命は生まれたときから決まっているのではない。

自分の手でつかむものだ。



                             水煮三国志より。
by michiganlife | 2005-10-23 00:52 | 留学後記

興味は宝  10/23/2005

昆虫学者と商人が公園を歩いていた。

昆虫学者は足を止めて言った。
『ほら、聞こえるか。コオロギの鳴き声だ。それもとびきり上等の。』

商人は言った。
『俺には全然聞こえない。』

昆虫学者は近くの林に飛び込み、コオロギを捕まえてきた。

商人は言った。
『君の言うとおりだ。コオロギが鳴いているのがわかっただけでなく、その種類まで言い当てた。どうしてそんなことができるんだい?』

昆虫学者はこう答えた。
『どんな鳴き声でも極めて微妙だけど違いがあるから集中してきいていればちゃんと聞き分けられるんだよ。』


それから二人は公園を出て歩道を歩き始めた。商人はふと足をとめるとかがみこんで地面に落ちているコインを拾い上げた。

昆虫学者はわき目も振らずまっすぐ歩き続けている。彼にはコインの落ちる音は全くきこえなかった。。。。



昆虫学者はコオロギを得た。商人はコインを得た。




興味のあるところに宝がある。

宝を見つけるには興味を持つことが大切だ。

興味がないと、宝は一生見つからない。

まわりの色んなものに興味を持てばもっと宝が得られるはず。



                                  水煮三国志より。
by michiganlife | 2005-10-23 00:46 | 留学後記
どうやら逆子から戻ったみたい。

頑張ったな、わが娘よ!

そして、頑張ったな、わが妻よ。 
お前の逆子体操、はたから見てたら大変そうだったけど、効果あったみたいだのう。

元気に育て、二人のおなご。

元気に頑張れ、俺!
by michiganlife | 2005-10-15 23:46 | しんのすけの子育て日記
今日の日経新聞一面より。

クラブツーリズムという旅行会社の添乗員、王超(おう・ちょう)さんの話。

添乗員の王さんがやっていること。

○絶景も美味もツアーの人間関係次第で台無しになる。目的地に着くと王さんは危険の芽を摘みにかかり、その人に寄り添い手柄話を自分が聞く。

○集合時から相性をよみ、ウマの合わない客は席を離しておくだけでなく、旅のストレスが全部自分に向かうようにする。

○持病がある客には薬の時間を知らせる。

○部屋の鍵は、客を呼びつけることなく、一人ずつ鍵を渡して歩き回る。長旅の後の客には一歩も足労をさせたくないという配慮。

○何気なく出発ロビーで集めたパスポートを機中で寝ずににらみ続け、全員の顔、名前、出身地、生年月日を暗記しておく。

○長春の旅で、『人々の暮らしがみたい』といわれたら、自分の実家に案内する。


そんな、自分の身を削りながら、いい思い出だけを持たせて帰そうという努力で、今では『王超と行くエジプト』など名前を冠したツアーで年間三千万円を売り上げる。


こんなとこまで工夫してるんや~、と素直に尊敬した。



色々と思うこともあるんですが、営業にしろ、企画にしろ、どんな業務をやってるにしろ、

まだまだ工夫の余地はたっぷりたっぷりある

ってことでしょうか。


昨日行ったレストラン。
食後のミルクティーを頼んだんですが、
ミルクも紅茶と同じ温度に温まってました。


こういうちょっとした心遣いは客の心をひきつけるんですよね~~

色々勉強になること、まだまだありそうです。



もっと自分のまわりで工夫しよっっつ!
by michiganlife | 2005-10-11 23:51 | 留学後記
c0014416_20533765.jpg


遅れてた妻の誕生日のDinnerに近所のイタリアレストラン、『Pepe』に行った。


c0014416_20534828.jpg
c0014416_20535642.jpg
c0014416_2054374.jpg
c0014416_20541060.jpg




昔、支店のベテラン警備員のおじさんから言われた言葉をふと思い出した。。。。

『妻に美味しい食事を作ってもらおうと思ったら、作った食事をとやかく言いうのではなく、妻と一緒に美味しい料理を食べ行くことだ。』


たまにはこうやって外食するのもいいもんだ~

楽しいひと時を過ごしました。


明日からまた仕事がんばろっ!
by michiganlife | 2005-10-10 20:55 | 留学後記