留学経験なく、英語ができない夫婦が四苦八苦しながらも、留学の勉強以外に、体育会系クラブ、Party、旅行とかなりチャレンジしながらも、充実した留学生活を送っていった物語とその後の人生を綴っております。


by michiganlife
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2005年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧

三十路になったのを機に、自分の今までの人間形成をしるうえでも、今までの人生30年を簡単に振り返ってみた。

生まれて~高校まで
両親と祖父母、そして学校の先生達のおかげで大学受験まで、勉強が苦だとはほとんど思わなかった。どちらかといえば楽しんで勉強やってこれたと思う。2歳のころから算数の『繰上り』の原理が楽しくなって、家の薬屋に来るお客さんみんなに『問題だして~』と言ってたらしい。
新しいことを知る喜びをしったのは、周りの人のおかげだった。このころから、学校では質問をしてばっかり。中学、高校では僕の席は、ずっと先生の教卓のまん前に固定され、席がえは僕以外で行われた。 このころから、『Mr. Question』になってきたようだ。学校は小、中、高ずっと楽しかった。

僕はかなりの不器用だった。スキップ、ハーモニカ、逆上がり、自転車、ことごとく、色んなことができるのが一番遅かった。おそらく、オシメが外れたのもかなり遅かった気がする。。。 できない悔しさで母と公園に夕方いって逆上がりの練習したり、夏休みに先生に呼ばれてハーモニカの補習も受けてた。家の廊下ではずっとスキップの練習してた。。。そんな日々が続いた。

そんな不器用な僕の好きな漫画は、『キャプテン』。不器用だけどやみ練をして、実力をつけていく谷口君が好きだった。試合の場面よりも、合宿などみんなで猛練習して旨くなっていく場面が好きだった。心のよりどころだったかもしれない。今でも、頑張る力が欲しいときは実家でキャプテンを読みあさる。

中学、高校はバスケット部のキャプテン。顧問の先生は名前ばかりで、自分達ですべてメニュー作りから試合の作戦まで。ほんまにしんどかった。自分を磨くだけでも精一杯なのに、みんなを一つにまとめることの大変さを実感した。この6年間で、マネージメントの難しさ、Leadershipの難しさを強く感じた。どうやったらみんながやる気になるんだろうか?どうやったら勝てるんや?この時期にかなり悩んで、試行錯誤したことが、今考えると大きな武器になった気がする。



大学時代
競技ダンス部に入った。熱中した。
勉強が嫌いになった。大学で、質問にもろくに答えてくれない、というよりも、学生を気にしてくれない教授たちが嫌いだった。単位は2年で全てそろえてしまい、あとはダンスに打ち込んだ。

ここでダンスと出会っていなければ、僕の人生は大きく変わっていたと正直思う。
大学に入っても不器用さは全くかわらなかった。
『こいつ、どこから直したらいいかわからん』と先輩がいってるのが聞こえた。それぐらいひどかった。

負けたら地獄、勝たなければ意味が無い。2位は負けたのと同じ。。。
精神的にも強くさせてもらったし、努力だけではだめだということも教えてもらった。
勝ったあとの敗北の辛さとそこから這い上がることのしんどさも知った。
そして、みんなで一つの目標に向かって刺激しあって頑張ることの大事さも知った。

たくさん学んだ。 昔より負けず嫌いになったし、熱くなった。もっと泣き虫になった。
自然とうれしいとき、悲しいとき涙がでるようになった。

それから競技ダンス連盟の関西連盟委員長として5,600人を統括する仕事をさせてもらって、経営に興味を持つようになった。そして組織を改革することにもやりがいを感じるようになった。

そして愛する人ができた。


社会人~留学まで
ここで大学で勉強しなかった反動が一気にきた。
英語もTOEIC倍増、アナリストの試験なども楽しく勉強してたら合格していった。

仕事を通じて自分の成長を感じるようになった。
営業は任されるほど逆にやりがいをもって走り回った。
採用で学生と会うのはむちゃくちゃ楽しかった。
結婚して守る人ができた。

留学
色んなたくさんの人とであった。年齢層の違う人と親しくなれたくさん勉強した。
外国人を含めてたくさんの友達ができた。大きな宝物ができた。
勉強はむちゃくちゃ楽しかった。仕事と通じていることもあって、苦にはならなかった。
ダンス部にも入った。むちゃをした。
でも、結果以上に大きな思い出ができた。 
ここでもたくさん泣いた。
旅行にも行きまくって、教授ともパーティーやらランチやらすごく可愛がってもらった。
日本を客観的に見れるようになった。
自分の会社も客観的に見れるようになった。
自分自身も客観的に見れるようになった。


こうして僕の30年間は終わった。



これから、まず5年間を充実した日々にしよう。

もう一人守るひとができそうなので、自分も一緒に成長していこう。
by michiganlife | 2005-07-31 12:45 | 留学後記
妻のおなかの中では赤ん坊がどんどん動き出してきます。

最初のころはくすぐったいぐらいだったようで、腸が動いてるのか、赤ん坊が動いているのかわからなかったみたいですが、今は軽くけりだしたようです。


元気に育ってくれ~

今日、帰りの電車で座ってたら、前にお腹の大きな妊婦さんがたったので席をゆずりました☆
いいことした後は気持ちがいいです。 赤ちゃん元気に生まれてこいよ~
by michiganlife | 2005-07-29 20:57 | しんのすけの子育て日記

三十路  7/29/2005

とうとう20代終わりました。。。(涙)

今日からおっちゃんの仲間入りです。


気持ちだけはいつも若く、引き続きつっぱしりますっ!!
by michiganlife | 2005-07-29 06:21 | 留学後記
スポーツ、ビジネス、勉強。。。。どんな世界においても成功する要素はなんだろうか??

『ハーバードからの贈り物』 に書かれてた5つの要素のうち、この一つは、かなり納得した。



『失望から立ち直る力』



どんなに成功した人でも、必ずそれまでに失敗を繰り返している。どん底に落ちたこともあるし、壁にぶちあたったこともある。仕事でも誰でも挫折したことはあるだろうし、つらいことを経験したことがあるだろう。

人生はあらゆる局面で広い意味での失望が待ち受けてる。


ダンスに例えると、かなり有名になるまでは、ずっと勝ってる人はなかなかいない。
学生なんかだとなおさら。 でもその負けたどん底から這い上がれるかどうか、めげずに進んでいけるかどうかで変わってくる気がする。

仕事でもそう。

失敗は絶対する。

いやな上司とも絶対に遭遇する。

面白くない仕事にも絶対に遭遇する。


そこで、それらを払いのけてめげずに頑張れるかどうかがかぎ。



昨日、プロジェクトXをみて久しぶりに感動した。

本田宗一郎の話だった。 本田が作ったバイクはレースで負け続け、会社も倒産の危機、レーサーも事故でなくなる。。。。 そこから這い上がったからこそ今の本田がある。



今日、(無謀にも)転勤して3日でつくりあげた提案をはねつけられた。

バサッと切られた。


やる気なくした。ショックうけた。 


でも思い返した。  負けない。。。。




みんな、負けるな!!  負けるな、俺!!
by michiganlife | 2005-07-28 22:30 | 留学後記

リラックス  7/26/2005

新しい部署にきて2日目。

今はむちゃむちゃ早帰りを実行。6時に帰る。。。

それでもまだまだ部署になれていないので、精神的な疲れもあり、どっと疲れてる。。。


精神的な疲れを癒すには、リラックスすること。

帰ってきてからも、仕事中もできるだけゆっくりと心を落ち着かせよう。


ということで、絵や写真を鑑賞。。。

c0014416_2123821.jpg

by michiganlife | 2005-07-26 21:05 | 留学後記

難しい改革 7/25/2005

改革は本当に難しいと思った今日。

Business Schoolで留学中から色んなことを考えていた。

帰国してからも色んなことを頭の中に巡らせていた。

そして、帰国してからこの4ヶ月間ずっと、俺が変えてやろうと思っていた。

今日から正式に動き出す。

ところが、調べていけばいくほど、提案書をつくっていけばいくほど、色々な問題点、弱点が明らかになっていく。まだまだ抵抗とどう闘うかという段階ではない。自分でマイナス点が明らかにされていくだけの段階。勿論、この分野(今の部署)の実務経験はほとんどゼロに近いので当然といわれたが、やはり理論だけではやっていけない。単なる机上の空論で終わってしまう。留学中、Businessの世界と離れていたことを考えると、なんと楽だったんだろうと実感した。理論だけだと言いたい放題いえるもんな。 実際にはそうではない。実行するまでには様々な課題が多くのしかかる。 Ahuja教授が言っていた、まさに『実行の部分はStrategyよりも大事』といっていたことを痛感した。


今日は夕方ぐらいから、大きな壁にぶつかった。  はやっ。。。。。


でも負けれない。。。


これから、、、


1)後輩を含め、改革の同士にどんどんと意見を聞こう。。。   みんな頼んだよ!!

2)大きな壁を越えれば超えるほど、成果は大きいはず。 負けるな自分!

by michiganlife | 2005-07-25 23:33 | 留学後記

飲み会 7/23/2005

今日は久しぶりに二つの飲み会をはしご。

会社の後輩の送別会in Osaka + 高校の同窓会(8年ぶり)in Himeji

高校の同窓会では、たわいもない話であっという間に時間が過ぎる。楽しいひと時だった。

会社の飲み会では、色々と考えさせられた。



みんなのために、もっと自分が頑張らんとあかんなと、何度も感じた。

自分に課せられた使命は大きい。   負けるな、みんなのためにも。
by michiganlife | 2005-07-24 22:45 | 留学後記

送る言葉   7/21/2005

ProjectのMemberと最後の飲み会で、いつもながらに、ほめ殺し大会を提案した。

ほめ殺し ↓参照

ほめ殺し


で、みんなのほめ殺しをして、自分の強みを教えてもらった。

実は、仕事を一緒にした仲間から聞くのは今回が初めて。
自分の仕事をしている姿を映し出してるので興味深かった。


*純(Pure) 感情を素直に出せる。 泣くことができる。 
*Logicalに物事を考えることができる。
*熱い。 情熱がある。 信念がある。
*討論に強い。 自分の意見を相手に伝えるのがうまい。
*魅力がある。  あなたは気づいていないかもしれないが、、、気づいている以上にある。
*努力できる。 死ぬほど努力してる。



自分の強みをひとから聞くとやっぱり、くすぐったい気分になる。

でも、みんなからいい言葉、いい送る言葉をもらった。




今年は、改革元年だ!!!   有言実行   

大きな会社と小さな小さな人間の闘い。

でも僕のAspirationは小さくない。

そして、たくさんの同士がついているから、怖くない

by michiganlife | 2005-07-21 22:48 | 留学後記
先週をもって、大きなプロジェクトが一つ終了した。

私は帰国後3月から4ヶ月の間、そのプロジェクトチームの一員として他の4人のチームメンバーと一緒に頑張ってきた。

無事にプロジェクトも終了し、今日全員がばらばらになった。


私一人が居残ることになり、提言したPlanを来年に向けて取り組むことになった。


今日は送別会。 


送別会は弱い。



いつも、みんなとお別れかと思うと、涙もろい私は必ず泣いてしまう。

そして、今日ももうだめだった。


みんなは、"純"だといってくれるが、子どものままなだけな気もしてる。



どちらにしても、4ヶ月みんなと一緒に仕事ができてよかったと心から思う。

色々僕のわがままで迷惑をたくさんかけたが、逆にたくさん勉強させてもらった気がする。


今度また仕事を一緒にすることがあるだろうし、その時までに自分をもっと磨いていきたいと思う。




みんな、ありがとう!!
by michiganlife | 2005-07-20 01:34 | 留学後記

Google 日本版 7/15/2005

Google日本版がアメリカに続きパワーアップ。

是非お試しあれ。 地図がドラッグで動くので便利。

http://maps.google.co.jp/

↑これで、地図上のサテライトを選んでみると、衛星からの写真も見れる!!


http://local.google.co.jp/
by michiganlife | 2005-07-15 00:45 | 留学後記