留学経験なく、英語ができない夫婦が四苦八苦しながらも、留学の勉強以外に、体育会系クラブ、Party、旅行とかなりチャレンジしながらも、充実した留学生活を送っていった物語とその後の人生を綴っております。


by michiganlife
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2005年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

Reunion in Japan 6/29/2005

c0014416_22305391.jpg


今日はクラスメートがBusinessで日本にやってきた。せっかくなので休みをとって、日本人のクラスメートとReunion ! ということで大阪で飲んだ。

これで卒業してからの同窓会(小さいのも含めて)、アメリカ3回、日本2回。次は自分がみんなのところに遊びに行きたいところ。

海外で出会った留学生とこうやって卒業後も酒を飲める仲になれたことは本当に留学した宝物。これからも、どんなに忙しくてもみんなとは連絡をとりあっていきたい。


そして、久しぶりにあって、久しぶりにお互いの仕事の話をすると色々刺激になる。

自分は自分らしく、でももっとでっかくなりたい。



c0014416_2229820.jpg

by michiganlife | 2005-06-29 22:29 | 留学後記

時代は流れる  6/29/2005

アメリカ、ミシガンに留学しに旅立ったのももう2年も前の話。

はや、次の次の代の方々がAnn Arborでの生活を始めている。


時が流れるのは早い。


そして、人間の一生も早く終わる。




今週、会社から一週間の休暇をもらう。

アメリカで旅行しまくってたこともあり、今回は妻と二人でのんびりすごすことに。





いつものように色々と考え事をしてしまう。



自分は何がしたいの? 




もっと成長したいという欲が自分には強くあることを自覚した。 



色んな意味で成長したい。



仕事、人間力、勉強、家庭、、、、、




平均でもうあと50年しか生きられない人生。



織田信長の言葉、『人間50年。。。。 



今がスタートだと考えると、信長と同じ心境で生きていかんと!! (´~`;) 



成長=成長率*残された時間。。。。




もっと1日1日を大事に生きよう。そして1日1日少しでも成長できるように日々心がけよう。

<ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=(;-_-) 全力ダッシュ 

by michiganlife | 2005-06-29 14:02 | 留学後記

投資 6/26/2005

帰国後、Marketの感を取り戻すためにも投資を再開。

5年ほど前はITバブルの高い波にのって、うまく売り抜け1年投資で車にばける利益をあげる。(中古だけど。。)

今度は、中国株、インドIT株、ドル+ユーロ建ての外債、REIT、NZドル、US$、残りは円預金。。とかなりの分散投資。 


いつも手数料は勉強する授業料だと考えている。

そう考えると意外と安く感じる。

CK教授の講義を聴いてついつい買ってしまったインド株。。。。これが意外と調子いい。


今のところ順調に推移。2ヶ月で手数料含めても7%の利益。年率では42%。

基本的に長期投資をする予定なので、毎日のMarket Priceはあまり気にせず、1週間に一度ほどぐらいマーケットをチェック。

再び急上昇の土地の値段(REITの価格の急降下も考えられる。。。)と、オーストラリアの債務の拡大(NZ$の急降下のリスク)が今の懸案事項。


とまあ、色々考えさせてもらえるだけで、数%の手数料はほんとうに安い。
by michiganlife | 2005-06-26 00:31 | 留学後記

頑張れ 6/22/2005

頑張れPistons!!

NBA Final 最終戦までもつれ込んだ。

Michigan州Detroitを本拠地とするPistons.
昨年、優勝したときはかなり町中盛り上がった。

生でFinalを見るのはやっぱり最高だった!



今年は序盤苦しんだが徐々に力をみせてきた。

頑張れPistons!!

かげながら日本から応援しております。


AnnArborのみなさん、僕の分まで盛り上がってください!!!
by michiganlife | 2005-06-22 22:17 | 留学後記

意外と  6/19/2005

帰国するまで一つ覚悟していたことがあった。

それは、正論をいっても、正しい理論をいっても、会社に戻ったら聞いてもらえないことが多いということ。 MBA生の多くがいってたこと。。。。


ただ、Negotiationで覚えた色々な説得の仕方、話の持っていきかた、MOで学んだ相手の心の動き方を考えながら、きっちり話すと、意外と意外と、話を聞いてもらえる。


軽く提案した(AAであれこれと考えていた)案は、意外と簡単に受け入れられた。そんなに簡単にDoneできるほどのものではないと思っているのだが。。。。 やれればこれは大きいぞ!!


8月ぐらいから本格化していきたい。。。


早く大きな花火をあげたい、今日この頃。
by michiganlife | 2005-06-19 21:07 | 留学後記
自分の過去、特に入社してからの自分の言動を友人と話していると、何か違和感を常に感じる。

それが何か最近分かってきた気がする。


僕は、完全なタカ派だ。 おかしいと思うと自分が納得するまで徹底的に議論を重ねる。それが上司であろうが年上の人であろうが。人によって時間がかかることもあるが、最後は必ずお互いに納得しておわるので、私も相手も信頼関係はかなりつくし、議論のあとはMotivationもあがったり、お互い納得して仕事をできる。

ただ、勿論これは相手があってのこと。 別の見方をすればわがままといつとらえられてもおかしくない。

でも、恐らく僕はハト派には一生なれない。そういう性格なんだ。



会社の中ではやはりハト派が多い。というかほとんどという印象。これはどこの会社でもどの組織でもそうなんだろう。 上司には逆らわないし、納得できなくてもあまり反発しない。 

で、愚痴はかげでいう。同期との飲み会でいう。

上司との仲たがいをできるだけしないようにする。

サラリーマンで出世を考えたらそのほうが賢明なのかもしれないな。



でも、そんなことじゃあ会社は変わらない。 
上司も、僕の経験論でいけば、真っ向勝負でちゃんと話をすれば分かってもらえることがほとんど。逆に、単に知らなかった、気づかなかったということのほうが多い。


会社が悪い。会社が悪い。そう愚痴をいうのは非常に簡単。でも、本当に自分で変えようと思ってるの??? 変えようと思ってても、実際に変えてないよ!


小さなことからでも変えていかないと大きなことは一生変わらんぞ。



幸せは待つものではない。幸せは自分でつかみにいくものだ。

by michiganlife | 2005-06-13 22:43 | 留学後記

三国志 6/11/2005

人は全ての能力を兼ね備えてはいない。

この複雑化した現代では一人が全ての能力を持ち備えてはいない。

会社の社長は、何でもできる、誰よりもえらい、企画も営業もManagementも何でもできる。。。そんな社長像は現実の世界ではないということを知らなければならない。


三国志で登場する劉備玄徳は、人を愛し、人を尊敬し、今で言うカリスマ、Leadershipがあった。しかし、彼は色々な能力に欠けていた。戦略力、武力。。。。。それを補ったのが彼の部下達。


武力を補ったのが超飛などの大将。会社で言えば、営業力のようなものか。

そして戦略部分で玄徳を助けたのが、諸葛孔明。 会社でいえば、企画力。



Leadership, 戦略企画、営業 この3つの力全てを劉備玄徳は兼ね備えていなかったが、まわりの優秀な部下を含めてこの3つの力がいったいとなった。



そして大勝利をもぎ取る。



3人ばらばらでは勝てなかった。 誰一人かけていても勝てなかった。 
玄徳がいなければ、超飛など将軍と孔明は仲が悪くなる。
いくら戦略がよくとも、この強力な将軍たちがいなければ、またたくまに敗北となる。
孔明がいなければ、だましあいの戦国時代、どこかで敗れていたであろう。




その3人をつなぎとめていたのが、Leader玄徳を中心とする信頼関係。
これがなければ、Leader, 企画, 営業の協力関係はできなかっただろう。


そして、玄徳を含め優秀な人材がこの世をさり、蜀は滅亡する。。。。




MBAで習った大きなこと一つ。




一人では何もできない。

一人でやるには限界がある。






自分は何の能力があるのだろうか?? 玄徳?孔明?それとも。。。。


そして、タッグをくめる強力な能力の持ち主を捜す旅はまだまだ続く。


一人では何もできない。
by michiganlife | 2005-06-11 08:54 | 留学後記

今日のひとこと 6/6/2005

人の間違いを笑う。自分の間違いに気づかないまま。
by michiganlife | 2005-06-07 08:33 | 留学後記
今日NHKでスケルトンの選手、越さんと前のオリンピック、アーチェリーで銀メダルをとった"中年の星"山本さんの会談があった。

その中で共感する部分がたくさんあった。
私も妻も大学時代に同じような悩みをかかえていたから。。。。


スポーツの世界では勝つこと、優勝することにスポットライトが当たる。
みんなすごいという。

そしてそれまでの努力にスポットライトが当たる。




しかし、もっともっと辛いことは

自分の自信との闘い


だ。



特に、一度勝ったあとに、一度優勝したあとに、


負けたときが一番辛い。


負け続ければ、いくら前向きに頑張ろうと思っても、前向きになれない。


自分の力に自信がなくなる。


若い人からの追い上げ。

ライバルの躍進。


新しい技術。。。。



自分の自信、自分の芯になるものに全く自信がなくなると、本当に苦しむ。。。。




僕は大学時、

新人戦初戦予選落ち
→最終戦優勝
→長い予選落ちの日々
→関西優勝
→予選落ち
→関西優勝
→予選落ち
→全日本優勝

と、本当に山と谷を経験しまくった。


かなり精神的にはきつい4年間だった。

予選落ちのときは、うん、泣いてたな。  日々どん底。



だからスポーツ選手はそんなところ本当に尊敬する。

優勝して、スポットライトを浴びたあとの闘いに注目したい。
by michiganlife | 2005-06-06 23:44 | 留学後記
留学してるときは100%勉強。

帰ってきたらいつのまにかもう8年目。
留学までは色々自分で自己啓発してたが、もうこの年になったら仕事をバリバリやっていかんといけない年代。

資格ばっかりとってたって仕方がない。


でも、日々の業務に追われても成長はなかなかしない。


昔に比べると、

人から学び、仕事から学び、人生から学んでいくところを増やしていかないといけない。

でも本から学ぶ、(+自己啓発)もなんとか続けていきたいね。

♪└|∵|┐♪└|∵|┘♪┌|∵|┘♪
by michiganlife | 2005-06-05 23:44 | 留学後記