留学経験なく、英語ができない夫婦が四苦八苦しながらも、留学の勉強以外に、体育会系クラブ、Party、旅行とかなりチャレンジしながらも、充実した留学生活を送っていった物語とその後の人生を綴っております。


by michiganlife
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2004年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

教授の部屋で  6/27/2004

ファイナンスの教授の部屋で。
つめられる。とりあえず言ったことはほんとうだということがわかった。
「今までの授業はほとんど優か?」PHDになるにはGradeが大事とのこと。
「君のキャリアパスはどう考えてるの?」
「ファイナンスをもっときわめたいと思わない?」
「研究し続けるというのも選択肢にないのかね?」
結局、自分の中で結論がでていない。
自分は将来何がしたいんだろうか?ビジネス?研究?教授?
とりあえず時間をくれるように頼んだ。
まだ結論をだすには早すぎる。ゆっくり考える時間もある。
日本に帰ろう。
by michiganlife | 2004-06-27 19:49 | AASession(日記)

思わぬオファー 6/26/2004

昨日のパーティーの最中、実はファイナンスの教授から思わぬ声がかかった。
PHDをとって大学に自分の助手として残らないかというオファーだった。将来のサポートをしてくれると。
ワインで酔ってるのと、みんなとの別れで寂しさとがあるなかで、実はあんまり真剣に考えられなかったんだけど、一日あけてよく考えてみると、ちょっとびっくりする話だった。
とりあえず、そのとき一緒にいた家内と友達に確認をこめてちょっときいてみると、ほんとにそういってたらしい。ということで、とりあえずじっくり考えることにした。教授が今週中にとりあえずオフィスに来いといってたのでとりあえずいってみるか。まあ、あの先生もよっぱらったら何いうかわからんひとだし。。。。酒の勢いでいっただけかもしれんしね。
by michiganlife | 2004-06-26 19:29 | AASession(日記)

GMBAお別れ会 6/25/2004

今日はGMBA2004とGMBA2005の正式な集まり。GMBAのオフィスが企画してくれました。ただ僕ら2004居残り組にとっては2004との最後のお別れという認識のほうが強かった会でした。はずかしながら二人で泣いちゃいました。またすぐ会えるんですけどね、こういうのは正直弱いんです。。特にもう会えないのではと思ってしまうシンガポール人や韓国人などインターナショナルの友達とかは余計にきつかったね。。。いろんなことを思い出すし。。。。。 今日は別れを惜しんで夜中まで飲み会。。。
帰って写真見たらみんな泣き虫顔やーーー。GMBAの写真担当としていつもみんなに写真おくってたのに、ということでみんなに写真おくれず。。。。
でも、一言いうと、「ほんとに、みんなに出会えてよかったよ」
by michiganlife | 2004-06-25 19:28 | AASession(日記)

飛行機


c0014416_2237477.jpg
Ann Arborの最寄の飛行場のDetroit国際空港は大きな飛行場で、とくにNorthwest航空が幅をきかせてます。。。。写真は、northwestの飛行機と、Business schoolのcaseで勉強するsouthwestの飛行機です。

Southwestは本当に面白いです。アメリカに来るまでは恥かしながら名前も知りませんでした。Caseで勉強してから興味をもち、何度もSouthwestに乗るうちにSouthwestのファンになってしまいました。他の飛行機会社と違う所は、

1.安い。購入した最も安い金額は、片道40ドル。少なくとも他社よりも安い。また、インターネットで価格比較するサイトもあり、非常に使い勝手がいいです。

2.マイレージがすぐにたまる。Southwestは他社と異なり短距離(国内のみ)しか取り扱っていません。そこで、マイレージも、距離ではなく回数でたまっていきます。今は往復で3ポイントたまり、14ポイントで1往復のチケットがもらえます。また、提携のホテルなどを使えばさらにポイントがたまります。我が家は1年で2枚すでに往復チケットを手に入れました。

3.飛行機が遅れる回数が少ない。 アメリカは日本と違ってよく飛行機がおくれます。そのなかでもsouthwestは遅れる回数が少ない。(といっても天候などでどうしようもないことも多いのですが。。。)

4.そして、何よりも我が家がファンになったのは、添乗員の面白さ。アメリカではどこの添乗員も普通はサービス精神が全くといっていいほどないんですが、ここの添乗員はかなり面白い。客を笑わせることを第一に考えているようです。

今まで面白かったものとして、

1.風の強いシカゴで飛行機がゆれながら、無事着陸した時の、パイロットの一言
『ふううううううううううううう(大きなため息)』 パイロットが普通するかーーーー??

2.同じく飛行機が風でゆれたときの乗務員の一言
『ぎゃーーーーーーーーーー(大きな声で叫ぶ)』 乗務員って乗客を安心させるのが仕事じゃないの?でも、乗客一同大爆笑。

3.離陸5分ほど前、まだ15名ほどの客が席を探しており、空席がばらばらあったときの乗務員の一言
『はーい、みんな、空席がとなりにあるってことは、あなた魅力ないっていう証拠だからね。そう思われたくなかったら、立っている客にしっかりあなたの魅力アピールしてね!』

4.スナックを配る前の機内アナウンス
『残念ながら、今日はみなさんに配るビスケットがたりません。だから今からみんなに催眠術をかけます。あなたはねむくなーる。眠くなーーる。ほーら眠くなってきた。。。。 はーい、起きてるみなさん、寝てる人起こしちゃだめよ。あなたの分なくなるからね。食べ終わってから起こすようにね』


Southwestは面白い。さすがに入社面接で、変な格好をいきなりさせて面白いjokeを言わせるだけはある。 
by michiganlife | 2004-06-16 19:55 | Southwest特集