留学経験なく、英語ができない夫婦が四苦八苦しながらも、留学の勉強以外に、体育会系クラブ、Party、旅行とかなりチャレンジしながらも、充実した留学生活を送っていった物語とその後の人生を綴っております。


by michiganlife
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:AASession(日記)( 204 )

アメリカで知り合った友人がロンドンに赴任することになった。
赴任早々大変だったという話を聞き、私もAnnArbor到着1日目にしての悲劇を思い出した。。。。


AnnArbor1日目
妻と二人でNYを10日間満喫したあと、飛行機でAnnArborに向かった。
飛行機は揺れながらも無事到着。

c0014416_22183716.jpg


そして、GMBA Officeがわざわざ空港までバスで迎えにきてくれてるのでそれに乗ってFamily housingまで向かった。保険や家の契約をすませ、いざ自分の車をとりに先輩にある場所まで妻と一緒に連れて行ってもらった。

車は知り合いの日本人から購入。その知り合いは既にアメリカをたっており、安かったのもあり、渡米前に購入。そして保険もAA到着と同時に契約が始まるように手続きを終わらせていた。。。と当日からレンタカーを借りずに車を使える完璧な計画のつもりだったのだが。。。


悪夢その1
車のところまでいき、エンジンがかかるのを確認してから、『もう大丈夫です』といって、先輩に念のため携帯電話などを聞いて別れる。 そして持ってた地図でFamily housingの場所を確認して、いざ出発。。。


っと思ったら、、、 エンジンはかかるが、動かない。。。 動かない。。。。。。。

色々ためしてみるが、動かない。。。  


連れて行ってもらった先輩に、近くの公衆電話から電話するも(公衆電話のかけかたすらしらずかなり苦労しながら)でてくれない。。。何で。。。。


アメリカの車、運転の仕方、日本と違うの?? 


近くの人通りもない。。。 困った。。。

そこへ、ふらっとアメリカ人のお兄ちゃんが通りかかる。


もしかして、お兄ちゃん、あんた車を動かす必殺ボタン知ってない??という
淡い期待を抱き、勇気をもって聞いてみる。

おにいちゃんに試乗までしてもらい、何度も試してもらったが、やっぱり動かない。。。


仕方なく、そのおにいちゃんに近くのメンテナンス工場を教えてもらう。




悪夢その2

メンテナンス工場にやっとのことで到着。
すでに二人は疲労感と北も南も分からない土地でどうなることか不安でいっぱい。

メンテナンスをお願いするも、とりあえず車をここまでもってこいと。。。


動かんっていってるやん。。。

しかたがなく、レッカー車を呼ぶことに。

当時、アメリカのことを何もしらない状況。

イエローページたるものを何とか探して、レッカー会社を探す。
片言英語で何とかお願い。

10分で行きます!!と返事。

その後、待つこと。。。。









3時間。。。。

話には聞いていたけど、、、これがアメリカ。。。

近くには喫茶店もベンチもなく、立ったまま。。。

向かいのスタンドで買ったスタバのコーヒーも、驚くほど甘く、何口かで飽きてしまい、
疲れも癒せず。。。



二人で疲れとショックと、誰にも頼れないという孤独感で、
呆然と無言のまま3時間を待った。。。

日が長い夏のアメリカでも日がどんどんと傾き。。。

もう夕方。。。。



やっとのことで、レッカー車到着。。


↓ このいたたまれない姿をみてやってください。。。。。


c0014416_22194728.jpg





↓今みても涙がでてきます。。。(何度も繰り返しますが、到着1日目!)

c0014416_22213038.jpg






やっとこさ、メンテナンスをお願いできるようになったものの、2週間以上かかるとか。。。

ホテルと家も離れており、さらに学校は小高い丘の上。。スーパーまで歩くには遠く、車がないときつい。しかも、到着1日目。布団もベッドもない。 本当に何もない。。。
自分がスーツケースにいれてきた服と歯ブラシなどしかない。 食料品もない。。。。。

これから、車なしでどうやってやっていくんだーーっ!!


とりあえず、タクシー呼んで(これもかなり待った)、ホテルについたらもう夜中。
友人と偶然、ホテルの前で会い、レストランを聞いて何とか食事にありつく。

そういえば、車を取りに行く際、妻と、僕一人で行くか、一緒に行くかでちょっと話し合ってた。
携帯も持ち合わせず、一人で車をとりにいってたら、妻と再会できていたか。。。。(家には当然電話はまだ引かれていない。。)と思うと恐ろしかった。

(この時点でまだ市内のどこに何があるか全くわかっていない状態。。。。)






悪夢その3

数日後何とかレンタカー会社まで友人に連れて行ってもらい、レンタカーを借りることができた。


メンテナンスの工場から電話がかかる。

まだ1週間しかたってないのに、早いな~と思いながら、
聞いてみると。。。。。。


え、、、、、、、、、、、、、



僕の車がぶつけられた!!!!!????



自分のListenningが間違ってのではと何度も聞きなおしたが、
"He hit your car"と確かにいってる。。

やばい。。。






悪夢その4

車をみにいく。原型はとどめているが、これでは走れない。。。へこんでる。。。。

これ直す間にまたレンタカーがいる。。。。。

と思いながらも、ぶつけた兄ちゃんと交渉。。。


つたない英語で交渉。。。。 苦しい。

そこで、自分の保険会社に連絡。。。  

そこで、唖然とすることが。。。

車の所有権は前の所有者のまま。
当然まだ登録してない。。。。 というか、まだ乗ってない!!

で、所有権が変更されるのが、保険契約のスタートの前提です。。。 と、あっさり言われる。


そんなこと、聞いてないぞ~ こっちは状況全部説明して契約してるのに!!
説明義務違反。。。と、真っ向から反論するも、英語の世界。。。。
そして、あちらはプロ。。。 もう後の祭り。。。

知らなかった自分が悪いという、自己責任のアメリカ。。。

やばい、無保険だ。。。そして、保険がない=自分で相手と交渉しなければならない。。。

そして、そして、いくら自分の過失が0であっても、自分の車が止まっていても、無保険なら全部自分が払わないといけない可能性があるとか。。。。
やばい。。。。。。。。。。。。。




悪夢その5

保険会社と交渉が始まる。 向こうの保険会社にとっては、こちらは敵。

英語でガンガンにつめられる。

マシンガンのようにつめられる。

次から次に人がかわり、打ち込まれる。

授業中にも携帯が鳴る。

鳴る。

鳴る。。。


つめられる。

つめられる。

つめられる。




それが毎日続く。。。。


授業はもうすでに始まっている。。

授業どころではない。。。  

日中、交渉。。。  夜中に何とかケースを読む。復習をする。。。


そして、私と妻の精神状態はぼろぼろ。。。


もう帰りたい(涙^2)と妻はいう。。。。




留学ってこんなにしんどいの???? 
相当まいった。









その後


こんな中で唯一の救いだったのが、まわりの友人たちの支えだった。
車屋のYさんとアメリカ人のJくんの助けで保険会社との交渉も何とかいい方向にすすみ、
(今考えても本当にToughな交渉だった。。)何とか、全メンテナンス代+レンタカー代全額+αを何とか勝ち取ることができた。。。。


やっと、悪夢が終わった。。。


そして、その車はそのあとメンテをきっちりして、2年間アメリカ往復の旅も何事もなくでき、最後に買った価格+メンテ代より高く売却することができた。(このころには、勉強したNegotiationが役にたった。)



AnnArbor到着当初に起こった惨劇。。。。

そこから、留学の大変さと、まわりの友人の偉大さを知ることができた。


この悪夢から立ち直って、妻も私もこれを機に度胸もつき、
何があってもアメリカで生きていくんだと開き直り、
異文化の中でアメリカ人と真正面から向き合っていかねばならないと決心した。


今振り返ると、留学生活がより充実できたのは、この1日目の惨劇があったことも一因だと思っている。


どん底から始まった生活が、楽しくないわけがない。
by michiganlife | 2005-08-14 21:56 | AASession(日記)
In NY。

アメリカ留学の旅。

NYで始まり、NYで終わる。



そう思うと、単なる岩の塊であっても、最後にもう一度訪れてたいという衝動に駆られた。


自由の女神


ウルトラ教?であり、留学経験のない私にはアメリカの象徴だったのかもしれない。


渡米当初ここにきて、勉強頑張るぞ!!っとAspirationを高めたのはもう1年10ヶ月前。



今日はアメリカにお別れというよりも、むしろ、今から日本で頑張るぞ!というAspirationをもう一度もらいにきた。 新たなスタートとして、ここでやる気を高めて、さあ、いざ日本へ!!

c0014416_21295684.jpg

by michiganlife | 2005-03-08 21:35 | AASession(日記)
これも面白いね。

欲しい情報が手に入るかどうかは別として、雰囲気だけでも伝わるのでありがたいかも。


http://www.marsflag.com/


以下、記事(Yahoo Newsより抜粋)

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
見える検索エンジン、「MARSFLAG」サービス開始

株式会社マーズフラッグは2005年3月8日、検索エンジン「 MARSFLAG 」を、3月9日よりサービス開始する、と発表した。

MARSFLAG は、同社が開発した「画像収集クローラー」「人口知能型 検索アルゴリズム」「有害サイト認証システム」の3つのテクノロジーをベースに構築された。

検索対象ページのイメージ画像を、最適なサイズ・配列でタイル状に高速表示できるほか、人工知能を利用して、SEO の影響を受けにくい、人の利用動向に基づいた検索ができる。さらに、有害と思われるサイトを、検索結果の対象から排除するセーフティー機能も装備している。

同社では、早期に1,000万人の利用者獲得を目指す。同時に、検索連動型広告モデルや、EC サイトとの連動、アクセスの向上につながるマーケティング情報の提供サービスを導入する。
by michiganlife | 2005-03-08 21:03 | AASession(日記)

引越し  3/3/2005

朝から引越し業者がくる。


船便、航空便、捨てるもの、譲るもの、などの仕分けだけこちらで指示して、梱包はおまかせ。

c0014416_10191573.jpg



あっというまに引越しは終わる。

合計、94箱!!



嵐のような時間が過ぎ去る。




終わった!!!



開放感
c0014416_10125840.jpg







そしてAAももう終わり。







AAを去る。




色んな思いが、いろんな思い出が走馬灯のように心を駆け巡る。








やはりどこか寂しい。

c0014416_10132541.jpg





バイバイ、Ann Arbor!!!!



思い出をありがとう!!
by michiganlife | 2005-03-08 10:12 | AASession(日記)
c0014416_9564917.jpg


引越し前日にも関わらず、まだまだ最後まで飲み会は続く。もう2週間飲みっぱなし。


AA最後のFarewell Partyは、Strategyの人気教授Karnaniと。


向こう見ずの?私はKarnaniに、

『もう帰国するので、先生、最後にお別れ会として飲み会しようよ。先生がよければ、先生ん家でどう?』

と、後からみると、かなり失礼きわまりない、そして自己中心的なメールをだす。


それを二つ返事でOKしてくれるカルナニ。
友達呼んでもいい?と聞いてもOKしてもらえた。


残念ながら、Spring Break中ということもあり、GMBA生もRegularの友人もほとんどが旅行に行く予定。 せっかくの機会なので色んな友人を呼びたかったところ。


それでも当日AAにいた友人4人とKarnani亭へと。。。。



Karnani亭は2回目。

前回はBlackoutのときなので中はほとんどわからなかったが、

参照  Blackout

豪邸だ。
飾ってるものもインド、タイを中心に豪華なものが並んでいる。


今日はもともとPizzaを頼んでPizza Partyの予定だったが、人数も少なかったので、カルナニ新妻の手料理でもてなしてもらった。


話題は多岐にわたったが、最後のFarewell Partyとしていい思い出になった。
by michiganlife | 2005-03-08 09:56 | AASession(日記)
お世話になった人とのお別れ、最後の挨拶が続く。

c0014416_9465689.jpg


今日のランチは、ゴルフで夫婦ともにお世話になったLarry先生。
2年間、Biginnerの僕ら+友達夫婦に楽しくゴルフを教えてくれた。技術はまだまだだけど、渡米前に比べると格段にうまくなったし、楽しくPlayできるようになった。

ひとつ、申し訳なかったのが、Larryに日本語を教えるといっておきながら、忙しくて結局できないままで終わってしまったこと。


ゴルフが少しずつでもできるようになった以外に、楽しく練習できたのはLarryのおかげです。


Thanks, Larry!!
by michiganlife | 2005-03-08 09:45 | AASession(日記)
c0014416_9272552.jpg


今日はDance部が僕らのお別れPartyをやってくれた。
Spring Breakにも関わらず、50人もの人が集まってくれた。

すでに旅行の予定をいれてた友人からもわざわざ電話が入ったりで感激。



うれしいのと悲しい気持ちが交錯。



普通のPartyと違い、ほとんどEndlessのクラブのparty。朝の4時ごろまで続く。


今日は泣かずに笑ってお別れができた。



ここまで仲良くなれたのだから一生のつきあいをしたい。
一生友達でい続けたい。

日本の友達と違ってみんなとはなかなか会えない。



彼らとの交流を保ち続けるのは、自分達の努力しだい。
by michiganlife | 2005-03-08 09:40 | AASession(日記)

Class of 2006

そういえば、新しいGMBAのClass、Class of 2006のProgramがスタートしたようだ。Thomas Jane, Skinnerの二人にとってはMichigan最後の授業になる。

Janeは京都旅行楽しんでるだろうか? また連絡でもしてみよう。

Class of 2006の9,10名の人たちとは、Campus Visitの際にお会いさせてもらった。是非、このProgramを、そしてMichigan lifeを是非楽しんでほしいところ。このBlogを作った理由には色々あるけれど、その一つの目的はまだまだマイナーなGMBAの内容を理解してもらうこと。。。。。 と、考えていたが、過去の更新、例えば韓国セッションとか全く更新してない。。

自分の記憶が飛ぶまでに、更新せねば。。。。
by michiganlife | 2005-03-07 19:09 | AASession(日記)
Accountingでお世話になったPro.Skinner。AccountingのChairman。

PHDをとったあと、ずっとMichiganで教えていたのだが、今年夏にUniversity of Chicagoにうつることになった。ひとにより評価は勿論かわるが、私見と断れば、わかりやすいハンドアウトで覚えることが中心のAccountingではいい先生をMichiganは失う。ちょっと残念な気はするが、Skinnerにとっては、学校を移ることはかなりのプラス。Accountingでは、Chicagoのほうが断然Michiganより評判は上。

そのお祝いと私の帰国とをあわせて、AnnArborでの最後のLunchをすることになった。

c0014416_18465762.jpg


あんまりAccountingの授業をとっていない私。Skinnerは今日本の金融界の会計制度を研究しているのだが、Skinnerとはいつも、Accounting以外の話をしてる。 授業の話や会計の話をせずにたわいもない話でずっとつきあってこれたのも、先生の人柄だろうか。

一生徒の私にも、忙しい中いつもこうやって時間をつくってくれることに感謝。

今日は、お互いに新しいスタートにむけての抱負をいいあったりした。Skinnerも新しい家を購入したようで、互いに連絡先を交換。 日本に帰ってからも交流しつづけたい。
by michiganlife | 2005-03-07 18:52 | AASession(日記)

帰国~

引越し、Farewell Partyなどで帰国までバタバタ。
落ち着いてから更新していきます。

とりあえず、忘れないようにあったことをメモ。

3/2/2005
Karnani豪邸でのFinal Party
ゴルフの先生、Larry とFinal Lunch

3/3/2005
引越し!
AnnArbor最後のDinner

3/4/2005
NY旅行記 自由の女神→エンパイヤステート→ミュージカル Mam’ma Mia

3/5/2005
NY旅行記 NYフィル、オペラ鑑賞

3/6/2005
NY旅行記 再会
by michiganlife | 2005-03-07 08:48 | AASession(日記)