留学経験なく、英語ができない夫婦が四苦八苦しながらも、留学の勉強以外に、体育会系クラブ、Party、旅行とかなりチャレンジしながらも、充実した留学生活を送っていった物語とその後の人生を綴っております。


by michiganlife
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:しんのすけの子育て日記( 29 )

二週間ぶり  3/7/2006

二週間ぶりに娘の顔をみると、かなり変わってました。自分の知らない間に子どもは育つって本当です。一瞬一瞬を大切にする必要をなんか娘の寝顔をみて感じました。
by michiganlife | 2006-03-07 00:45 | しんのすけの子育て日記

1ヶ月検診 1/28/2006

金曜日、久しぶりの社内同期会で騒いだ後に新快速で実家に。今日は妻と娘の1ヶ月検診です。同じ時期に生まれた赤ちゃんとお母さん達がみんな勢ぞろい。

赤ちゃんってみんな色んな顔してるな~。 

うちの子供はいたってふつ~のちょっとお笑い系の顔。この後、どう変わっていくのでしょうか。。。
私に似ないことを祈ります。特に性格面。。。(笑)

検査は特に問題なく終了。良かった良かった。

で、血液型判明しました。

夫 O型(O,O)  妻A型(A,O)で、確率半々で、AかO。。。

結果は、A。 これは良かった。と勝手に一人で笑っておりました。
私と違ってきっちりした大人になってくれ!!!!

親は自分にないところを子供に求めるそうですが、私は、おしめもとるのが遅く、歩くのも遅く、逆上がりも自転車も遅く。。。。なので、何でも許します。元気であればそれでいいです。


体重は、生まれた時に3044gでしたが、3950まで体重増えました。

1.3倍にアップ。。。赤ちゃんからするとどんな感覚なんでしょ。
by michiganlife | 2006-01-28 19:23 | しんのすけの子育て日記

日本昔話  1/14/2006

子どもに読んで聞かせたい話その1.

それは、日本昔話。

昔話って、昔のおじいさん・おばあさんが知恵を絞って考えたんだろうか、すごい中身が濃い。子どもに言い伝えるためか、いい話も多い。

そして、僕自身も『まんが日本昔話』で育った年代。

で、本屋で『日本昔話101』を買っちゃった。子どもに読み聞かせると、自分に言い聞かせ(笑)買ったとはいえ、まだ子どもは生まれたばかり。子どもに。。というより、自分が読みたいだけだったりもする。

で、さっそく読んでいく。よく知ってる話もあれば全く知らない話も多い。


大人になってからもう一度読み直して感じたこと。(まだ5話ぐらいしか読めてないけど)

昔話にはホントに色んな要素が詰まってるわ。


まずは桃太郎から学んだこと。

Team Building

この話はTeam Buildingの基本です。
キジは空を飛んで偵察に。
サルは門をよじ登って鍵をあけ、
イヌは鬼の足を噛む。

つまり、自分の長所を確り認識した上で、その長所を活かすように役割が決められています

当たり前だけど、現実の世界でこれをホントにやってるか?と考えるとそうではない気がする。team memberのそれぞれの長所を認識した上でそれぞれにその長所が活かせるMissionを出しているか? そういう当たり前のことを再認識させられました。


子どもってそういうみんなで協力して一つの目標に達成するという話にとても興味を持つと思います。なのでそういう話が多いのかな。

さるカニ合戦もそうですよね。 うす、うしのふん、はち、くり。


これからまた読んで続きを書きます。。。
by michiganlife | 2006-01-14 09:00 | しんのすけの子育て日記
子供が生まれて感じたことを素直に。

子供が生まれると大変です。
①泣く。夜泣きもする。起こされる。
②当分の間はコミュニケーションが難しい。
③手がかかる。
④お金がかかる。

結婚してから子供が生まれるまでずっと『ほんまに自分に子供が育てられるのか?』と正直考えてました。子供が育てられないのなら、生まれてきた子供は本当に不幸になると思いました。子供を虐待する親のニュースを見てても同じことを思います。

生まれてきて、やっぱり手がかかるので大変だし、夫婦二人で自由に外にでるということもなくなりました。自分の勉強する時間も極端に減りました。でも、それ以上に子供は返してくれます。

海外にいる友達からの言葉。これが全てを表していると感じました。

Parenting is scary, but rewarding.

親になることはぞっとするけど、それ以上に得られるものがある。


子供が生まれてから2週間余りがたちましたが、思ってた以上に育児を楽しむ自分がいました。勿論、妻がほとんど毎日子供の世話をやっていますが。。。子供が生まれるまでは、おむつ返るのめんどうだな。お風呂もいれないといけないのか。。。。とか思ってましたが、今は楽しんでやってる自分がいました。特にお風呂に入れるのは楽しいです。

なんで育児に父親の私が前向きなのかをちょっと考えてみました。

①どうせやるならいやいややるより前向きにやろうと思った(仕事と一緒)
②出産に立ち会って妻の出産の苦労がむっちゃわかった。週末ぐらいでも、少しでも助けないとという気持ちが増えた。(これほんと)
③育児に夢中になると仕事も何もかも忘れられる。
④子供とはまだ会話できないけれど、非言語コミュニケーションでもがんばってると通じ合ってる気がするので楽しい。
⑤笑顔を見るのはやっぱり気持ちがいい!特に風呂に入れた時の顔は大好きかも。
⑥娘もなんか一生懸命に生きようとしてる気がしてる。なんかそれを支えてあげないとと思った。

本屋にいくと、今まで自分の勉強とか仕事の本を買いにいってたのに、育児の本を買っている自分がいるのはそのせいなんでしょう。

今日読んだ本に書いてました。

『あかちゃんがなぜ泣くのか?子供の脳は日に日に成長します。赤ちゃんが寝ている間にも劇的な成長があります。なので赤ちゃんが起きたときには赤ちゃんにとって劇的に違う世界にみえます。その急激な変化に赤ちゃんは不安になって泣き出します。』

なるほどね。。。おっぱいとオムツ以外にあかちゃんが泣く理由があんまりわかんなかったけど何か納得しました。不安をなくすのも親の役割なんだなと思いました。

赤ちゃんが泣くのは親を不安がらせます。そして非常につらいです。でもこう考えると夜泣きもなんかわかります。がんばろっ。かかる負担(費用も含めて)以上の喜び・満足度があるかどうか。これが育児が楽しいかどうかなのかな~~。。。

子供に対する考え方は親によって全く違うと思いますが個人的にはこう考えてます。



それと、『子供ってどうやって言葉覚えていくの?どうやって知らない世界に順応していくの?』と学研と科学で鍛えられた『なぜ?どうして?』の頭の私は、好奇心だらけ!

子供ができたことで、新しく学ぶこともおおいでしょう。楽しみです。
by michiganlife | 2006-01-09 23:30 | しんのすけの子育て日記
生まれたての赤ん坊は、

目がまだ見えない。
しゃべれない。

なので、コミュニケーションは、音(でも聞こえてるけどまだ判別できない??)と感覚。

子供⇒親への一方通行のコミュニケーションがほとんど。
しかも、子供が何を言いたいのかはなかなかわからん。。。
泣くときに、何が原因か究明する。

毎回、父と母で原因究明隊を結成する。

解明する手段。。

①顔 泣いてる顔も時により違う

②声 泣き方は、ウェーンなのか、ウォウォワーなのか、時により様々

③統計 日々、おむつなのか、おっぱいなのか、単に寂しいのか、日々きっちりと記録をつけることで、わかることも多い。そろそろ、おっぱいで泣くころか。。。

④しぐさ 口をパクパクして何かほしそうにしてるのか、足をばたばたしてるのか、様子をみているとなんとなくわかるときもある。

⑤勝手な推測+ネタ? 夕暮れ時はしんみりして寂しくて泣く。遊んでほしくて泣く。お父さんに飽きたから泣く。。など、超勝手な推測により判断する。


それでも、わからないとき。そのときは、

○泣くのは赤ちゃんの仕事。泣いて育つのさ~~ と二人で勝手に考える。前向きに前向きに。



あまり考え込むと、あまり神経質になると、こっちが弱ってしまう。



とにかく、コミュニケーションは難しい。特に、相手が本当は何を考えているのか。

この娘の考えてることがわかったら、相手の気持ちをわかる心は鍛えられている気がしてます。
by michiganlife | 2006-01-01 23:09 | しんのすけの子育て日記
クリスマスに娘が生まれた。

一世代上の人達の一言。
『親孝行な子供やね。クリスマスプレゼントと誕生日プレゼント一つですむし。』

同世代の人達の一言。
『プレゼント一つで寂しい思いをしました。プレゼントは二つ用意してあげてください。』


Generation Gapを感じました。

妻と話し合った結果。。。。。


24日と25日は毎年、連夜のPartyだーーーーー!!

プレゼントはもちろん二つ用意。そしてPartyも2日間ぶっつづけ!!
一緒にして喜ぶ子供はいない。ということに決まりました。

↓次の議題

サンタからのプレゼントと両親からのプレゼントをどう差別化するか。
父親の私からの提案で決定。

『当然、サンタのプレゼント<<親からのプレゼント』やろ!!!

『えーー、お父さんからのプレゼント、サンタさんのよりしょぼーーいぃ!』といわれるとやっぱりつらいもんがある(笑)

ってことにした。

サンタさん、すみません。。。。
by michiganlife | 2006-01-01 22:56 | しんのすけの子育て日記
今日無事に女の子が生まれました。

一昨日まで全く前兆もなかったのですが、24日の朝から陣痛が始まりました。
もともと立会いを希望してたので、この3連休に重なってよかった。

立会いをして感じたこと。

①出産はこんなに大変なんだ。母は本当に大変です。それをわかっただけでも立ち会った甲斐がありました。出産後、心から『ほんとによくがんばったね。』という言葉がでました。陣痛から出産まで20時間かかりました。その間、妻の背中をずっとさすったり、マッサージしたり。微力ながら妻を支えることができたことはよかった気がしてます。元気な赤ん坊が生まれたことももちろんうれしいですが、僕にとっては夫婦でがんばって子供を産めたこと、それが大きな記念日になった気がしてます。

②生命の凄さを実感しました。2人で病院に来て、帰りは3人で帰りました。生まれた瞬間はやっぱり感動ものです。生まれて最初の声を聞いたとき、『おぉぉぉぉぉぉっーーー!!!』と叫んでしまいました。『やっと会えたね。』と子供に言いました。

③余談ですが、病院ではたくさんの人が子供を産み、家族が子供を見にいきます。そのときの会話。

(男の子を産んだ家族)『わー、かわいいね、やっぱり男の子やね。』
(ずっとないてる子供の家族)『あーー、この中で一番元気やね!』
(泣かずに静かな子供の家族)『みんなうるさいのに、この子だけいい子やね!』
(指をおしゃぶりしてる子供の家族)『あ、この子だけもうおしゃぶりしてるよ。えらいねー。』

親バカというか、ものはいいようというか、子供のことになるとみんな前向きなのね!!前向きはいいことです。子供と同じように、人生も日常生活も前向きに考えることもできるな~と感じました。
by michiganlife | 2005-12-25 00:57 | しんのすけの子育て日記

え、もう? 12/18/2005

妻がお腹が痛いっていう。。え。。。これって。。。。陣痛?? 色んなことが頭をよぎる。もしそうだったら、今日は日曜日なので明日もそのまま休んで。。。

でもそれっきり何も音沙汰なし。

なんともいえない感想。ほっとしたような残念というような。



あまりあせらず、ゆっくり待とうという妻のスタンスに従うことに。



そろそろどきどきしてきました。
by michiganlife | 2005-12-18 22:36 | しんのすけの子育て日記
予定日まであと4日。何にも音沙汰なし。そんなもんなんでしょうか。妻がいうには全然生まれてきそうになく、まだまだお腹の中で踊っているようです。お母さんのお腹のなかのほうが楽しいんでしょうかね。 お父さんとは会いたくないんでしょうか。。。 それとも焦らされてるのでしょうか。。。。早く会いたいです。
by michiganlife | 2005-12-17 09:57 | しんのすけの子育て日記

12/13/2005 先輩

子育てと考えると、会社の後輩も大学時代の後輩も、みんな先輩です。色んなことを教えてもらおうっと!!! 分からないことだらけだしね。。。

話全く変わりますが、仕事でも何でも知らないことに関しては、後輩も師ですね。


みなさん、よろしくお願いします。
by michiganlife | 2005-12-13 00:20 | しんのすけの子育て日記