留学経験なく、英語ができない夫婦が四苦八苦しながらも、留学の勉強以外に、体育会系クラブ、Party、旅行とかなりチャレンジしながらも、充実した留学生活を送っていった物語とその後の人生を綴っております。


by michiganlife
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:帰国準備編( 4 )

その他もろもろの帰国準備をここで。。。


大学保険キャンセル 
帰国日の月付けで大学の保険をキャンセルします。やっとかないとずっと請求されまする。 

I20期限前キャンセル   
I20の期限前に帰国する場合は、期限前キャンセルを。これやらなかっても何とかなりそうだけど、一応やっとく。。。

車保険解約
AAAなど、車、homeowner、アンブレラ保険を解約。車が売れたら、その売買日にあわせて解約しときます。解約日にともなって返金分が小切手で送られてきますので、売買日が決まれば、(その他の保険は帰国日が決まれば)早めにやっておいたほうがいいですね。

郵便物の転送手続き
c0014416_229812.jpg



郵便局に転送手続きの書類を出します。↑の書類。
1年間有効。Webでも登録できますが、残念ながら日本向けは直接書類をださないといけない。書類にも国名書く欄ありませんが、日本むけの転送はOK。 ちゃんと日本の新住所にも転送されてきました。 

有効期限は1年なので、銀行には直接日本の住所へ変更手続きをやっておきましょう。Credit Unionでは日本への住所変更もOKでした。。
by michiganlife | 2005-05-09 15:22 | 帰国準備編

車売却まで 4/16/2005

更新してなかったものを追加。。。。

3/10/2005



みなさんに心配されてましたが車(日産Altima)無事に売れました。

なんで心配されたかというと、
1.かなり走っている。 (購入時 70,000 mile → 売却時 110,000 mile)
Kmに直すと180,000km.... 日本ならすでに廃車にしてそうです。。。。
2.年代物。。。。。  1997年型  もう8年物だよ。。。。
3.今は冬!  留学生が渡米、帰国する時期は6~8月にかけて。この冬に渡米する人は少ないという噂が。。。。
4.2年いる間に、かなり擦られました。細かい傷が多い以外に、左前にはかなり大きなきずあり。
5.その他。。。(これはまたおいおいお話します。。。)


とりあえず、やったことを列挙

1.Marketを知る。まずは、DemandとSupplyの調査から。
Kelly Blue Bookで自分の車のMarket Priceを調べます。
Dealerは、かなりの鞘をぬいて売ります。Dealerで売買するより個人間で売買したほうが得にならないと、個人間売買は成り立ちませんので、
Dealerの買値<個人間売買の売買値<Dealerの売値で価格を設定します。

また、年代物はDealerにとって在庫リスク(売れないリスク)が高いため、Kelly Blue Bookよりもかなり低い値段で取引されるとの話も聞きました。


次に、Websiteやバス停、Appartment、スーパーでの掲示板を確認です。どれぐらいの値段で車が売られているか。。。

2003年 トヨタ 12,000 mile..... こういったものは私の車とは比較対象外。マーケットが違う。。。 私の車はまさに、Bottom of Pylamid!!!
Marketで対抗する車は、
1994~1998年物、100,000mile前後走っている車。そのあたりは、$1,000~4,000の値段がついてます。外車はそれよりちょっと価格が低いようです。 ここでPointは、先述したAddress,電話番号の札がどれぐらいちぎられているか。あまりちぎられていないもの=買い手が少ないことを意味しています。 やはりちょっとこれは高いやろっていう車は全く札がちぎられてなかったりします。 買い手が多いのはやはり、割安な値段。


2.ビラ作成いくらぐらいで車を売るかだいたい決まったあとは、ビラを作ります。
今回の車売却には、WebsiteにCar Salesの掲示板を出すのと、バス停やAppartment、スーパーなどにビラを貼ることを計画。Websiteやビラを色々見てまわり、Buyerの視点からみると色々気づいたことがありました。

*カラーコピーのほうが白黒コピーよりも断然いい商品(車)に見える。
*カラーコピーのほうが白黒コピーよりも断然目立つ。


Moving Saleのビラの下側には通常売主の電話番号やメールアドレスが10ほどちぎれるようにしてついてあるのですが、カラーコピーのほうが沢山連絡先がちぎってあるように感じました。

たしかに見た目は肝心。Business SchoolのReportでも、Kinko'sでカラーコピーをしたReport(紙の質も通常より良いのと製本するとなお良し)はやはり教授うけが白黒コピーよりいつもよかった。

ということで、Kinko'sへ。

といってもカラーコピーはやっぱり高い。

ある程度カラーコピーをとって、残りは白黒コピーで勝負。

そして、NW(Familyhousing)を中心とした掲示板、M-Busのバス亭を中心にビラをはっていきます。日本食料理店、食材店、そしてNOVIにもビラがはれるところが結構あります。



3. Websiteに広告をだす。

WebsiteにもMoving Saleの広告をだします。


うちがだしたのが、こちら
http://michiganjoho.hp.infoseek.co.jp/

http://michigan.livingjoho.net/

http://www.umich.edu/~ksag/

http://www.miindia.com/


4.交渉開始

そしたら来るわ来るわ。

掲示板、インターネット両方から連絡がわんさかわんさか。

広告の出し方も工夫したこともあったようです。
1日10件以上もかかってきます。
1週間で50件ほど連絡があり、無事に購入価格より高く売れました!!


決め手の一言は、
『フロリダまで往復5000mile走っても大丈夫だった!!』という話でいっぱつで購入してもらいました。

結局、需要が多かったこともあり、車についている傷などマイナス面も正直に申告したにもかかわらず、もともとビラに提示していた金額よりも300ドル高い金額でお買い上げ頂きました。 ありがとうございました。

またHBSで習ったNegotiationのスキル、かなり使えました。(これはまた後日談で。)



これと同様に、家具の売却も大きなものは全て予定金額で売れました。これも広告をだしたあと、3日間でほとんど売れたという状態で、心配していたほどのものではありませんでした。



売れなかったら、教会にでも寄付をしようと最初からダメもと、超楽観的に楽しんでMoving Saleをやったのがよかったのかもしれません。


c0014416_22135745.jpg

by michiganlife | 2005-04-16 00:25 | 帰国準備編
駐車場でのコインメーターなどで必要だったコイン。
そして、自動販売機でつかえない1¢コイン。。。。。。。

そんな彼らがたまりにたまる。

帰国当日。たまりにたまった彼らをお札に変えにブッシュに走る。


コイン変換機
c0014416_21164521.jpg



コインをいれる。
c0014416_2117887.jpg
c0014416_21172638.jpg



紙がでてくるので、それをレジでお札に換金してもらう。


手数料は5%ほどかかる。けっこうするが、私のようなずぼらでコインをためる人には有難い機械。

結局、500枚ほどのコインから、60ドルほどのお札をもらう。

ちなみに、機械にはコインを寄付しますか?それとも換金しますか?という選択肢があるが、迷わず換金!!を押す。。。
by michiganlife | 2005-03-08 21:24 | 帰国準備編
私はCingular Wirelessを使用していました。各携帯電話会社により対応が違うと思いますが、参考までにCingularの解約手続きをのせます。

1. Customer Serviceに電話する。 1-800-331-0500
2. Close Accountを依頼  終了したい日付(帰国日)を指定。ただし、1ヵ月毎の支払契約になっているため、その日付をすぎた締め日が契約終了日になる。
3. 最後の支払請求書(Bill)を送る住所(日本の住所)を依頼
4.  最後の支払いに関しては、Websiteで可能。ただし、契約終了日以降はWebsiteを使用できないので、それまでに支払いを終わらせておく。(Cingularの場合は前払い)それ以降は、小切手を日本から送付するか、電話で最終支払いをする。 ただし、Cingularの場合は、前払いになっているため、基本的には契約以上の電話をしないかぎり、最終支払いは0になるので、最終支払いが0であることを確認するのみでたる。


*Depositに関して。
私の場合は、1年以上の契約であったので、契約後1年したときに、Deposit返却の依頼をして、5%の金利がついてDepositが小切手で返却されてきた。 GMBAの場合、通常1年で帰国するため、このDepositの支払いが帰国日ぎりぎりになったりする。注意点としては、

Cingularでは、Depositは、支払い延滞が一度でもあれば、その支払い延滞が解消されてから1年後に返却となるため、延滞があると契約1年後には返ってこない。勿論、契約を解約する場合は、そのときにDepositは返却されるが、帰国ぎりぎりになるので注意が必要である。これに関しても、会社により異なるので、はやめに、契約解除後どれぐらいでDepositが返却されるか、そもそもDepositは(支払延滞に関係なく)1年後に返却されるのかなど確認することをお勧めする。


また、2年契約をした場合で1年で契約を終了するとPenaltyが必要になる。1年契約をしたにも関わらず、システム上は2年契約になっており、帰国時トラブルになった話もきく。やはり最初の契約書、Depositの預かり書(領収書)などは大事に保管していたほうがいいだろう。
by michiganlife | 2005-03-02 06:49 | 帰国準備編