留学経験なく、英語ができない夫婦が四苦八苦しながらも、留学の勉強以外に、体育会系クラブ、Party、旅行とかなりチャレンジしながらも、充実した留学生活を送っていった物語とその後の人生を綴っております。


by michiganlife
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:渡米準備編( 3 )

*レンタカー準備
*住居決定・契約
*SocialSecurityNumberの取得
*I-20の裏書
*運転免許証取得のための英語のレター取得
*運転免許証仮免許取得
*運転免許証取得
*車購入
*携帯電話購入
*各種Utility契約(固定電話、電気、ガス、水道、CableTV、Internet等)
*家具購入・リース契約
*電化製品購入
*保険契約(大学保険(医療保険)、車保険、火災保険、アンブレラ等)
*銀行口座開設(小切手取得、CreditCard,DebitCard,ATMCard取得)
*給与振込手続き(会社への連絡)
*奥様の英語学校登録
*引越し、荷物の整理
*BlueCard,YellowCard(学校近くの駐車場のカード)取得およびStudentCardの登録
*次の授業の準備。。。。
*お子様がいらっしゃる場合は、幼稚園、学校などの手続き
*
*
*
*
*
*
*
*

MichiganのRegularの方が代々作成されてきたファイルがかなり優れており、ほとんど網羅してますのでリンクを張っておきます。
今後は、それ以外のGMBA生特有の話や、つけたしなどに絞ってUpしていきます。

http://umbs.at.infoseek.co.jp/UMBS2004.pdf

これは渡米時かなり助かりました。
自分ひとりではこれだけ作れません。ここはOutsourcingです。
Regularのみなさんありがとうございます!
by michiganlife | 2005-01-15 03:18 | 渡米準備編

自動車購入

Michigan, AnnArborでは車は必需品です。買い物、友人宅への移動、映画館への移動、小旅行など自動車は購入もしくはリースしたほうがいいでしょう。ただし、リースは基本的に1年のような短期の契約はあまりありませんので、難しい、もしくは可能であっても高額になることが予想されます。ですので、GMBA生では基本的に、購入される方がほとんどです。(会社で経費がでる方はリースや長期レンタカーも考えられます)

購入では、大きく分けて
新車購入(Dealerより)、中古車購入(Dealerより)、中古車購入(個人売買)の三つにわかれます。簡単にメリットデメリットをあげておきます。

<新車購入>
・購入金額が高い。
・1年後の値落ちは高い。
・やっぱり新車は快適です。
・故障の心配はほとんどない。

<中古車購入(Dealerより)>
・新車に比べ安い。個人売買に比べ高い。
・基本的にDealerの保証がついているものが多く(車種、会社により異なるので要確認)、故障によるMentenance feeの心配がない。
・故障の心配は新車に比べるとある。
・値落ちは新車ほどではない。


<中古車購入(個人売買)>
・Dealerより購入するより安い。
・保証も基本的にないので、故障によるMentenance feeがかかる可能性が一番高い。
・故障の心配は新車に比べるとある。
・値落ちは新車ほどではない。


車の購入は日本滞在時と同じで、何を買うか、新車を買うか、中古を買うか、また予算の関係もありますので、人によりそれぞれですが、

基本的には、
新車>中古車の順で金額が高く、その分故障リスクは少ないと考えていいでしょう。中古車個人売買では、やはり前に乗っていた人の日頃のメンテの質によるでしょうか。個人売買でも、メンテナンスを半年に一回以上きっちり(エンジンチェックだけでなく)やってるひともいれば、簡単なチェックだけ、もしくは何もしていない人もいます。 個人売買でも、きっちりと調べて選べば、Dealerで購入するより安くいい車が手に入ることもあります。また、やはり日本車のほうが故障が少ないということもあり、日本車のほうが外国車より幾分高い金額になっているようです。

個人売買する時には以上のことを注意しましょう。

*個人売買はリスクがあることをしっかり認識する。
*中古車の相場を確認する。(走行距離は日本の数倍は走っている。)
*メンテナンスの確認をする。
*購入前に必ず試乗する。各所点検をする。

また、日本よりも距離を走っているため、メンテナンス、故障などはまわりでもよく起こっていました。

中古車情報
http://www.kbb.com/

http://autos.yahoo.com/



余談ですが、時間が許せば是非アメリカドライブの旅を満喫しましょう!
by michiganlife | 2005-01-15 03:06 | 渡米準備編

銀行口座についてQ&A

(注) 以降はSocial Security Numberをもらうことを前提として書いています。SSNがない場合は、Credit Unionの場合、口座開設、DebitCard申し込みはできますが、Credit Cardは申し込みできませんので、その場合は、プレミオカードなどを申し込んだほうがいいかもしれませんね。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

銀行口座について
Q1. 円建て口座(例えばCiti Bankなど)?ドル建て口座?どちらを持つ方がいいか?円決済、ドル決済、どちらのCredit Cardを持つ方がいいか?

日本円の預金からドル決済すると必ずその度に手数料が発生しますので、
(手数料という名前でなくても為替レートに手数料が上乗せされているはず)、
ドル建てのクレジットカード&口座を持つことをお勧めします。
ただ、JALカードなどポイントを貯めるという目的であれば、円建て決済でもかまわないと思います。(必要な金額を口座に貯めておく必要がありますが。)

私は円建て決済のVISAをもっていますが、為替レートに+3円ほど上乗せされて決済されるので全く使用していません。

CITIBANKの口座のことはよくわからないのですが、結局、小切手決済をすることも多くありますので、どちらにしてもAnn Arborの銀行でドル口座を開く必要があります。
また、CITIBANKは、AnnArborではあまり(もしくは全く)支店がありませんので、現金出金をしたり、各種手続きをしたりすることも考えると少し不便かもしれません。
(他社のATMは勿論使えますが、その都度手数料が発生します)

Q2.  DebitCardとCreditCardの違いは?
Creditは限度額までは、銀行口座に残高がなくても商品決済などに使用できます。口座引き落としは、1ヶ月先などになりますので、一種の短期間の融資です。たいてい、決済後約一ヶ月間後までは、手数料、金利などが無料になります。(ですので単なる決済後払いとも考えられます。)
DebitはCreditと違い、口座から即引き落としになります。
ですので、口座にお金が入っていさえすれば限度額の上限はありません。ですので、お金が入っていなければ決済できません。アメリカではATMカードとも呼ばれています。

Q3. どの銀行に口座を持つのが便利か?
私は、University of Michigan Credit Unionというミシガン大学関連の銀行の口座を使っています。この銀行は、唯一business school内にATMがあるため、授業前後に出金ができますので、MBA生にとっては非常に便利ですのでお勧めです。冬の寒い中、外に出ずにATMを利用できるのは非常に助かります。

アメリカでのクレジットヒストリーがない我々留学生は、基本的にアメリカではクレジットカードが渡米当初から作ることができません。ただし、Credit Unionでは、学生向けに1000ドル限度のクレジットカードを無料でつくることができます。またデビットカードも同時につくることができます。これも無料です。1000ドル限度は旅行予約などでは、金額が少なすぎて不便に思えますが、インターネットで決済する際も、大抵はデビットカードが使えますし、クレジットカードしか使えない場合でも、銀行窓口で先にクレジットカードにデポジットをいれることもできますので、両方のカードをうまく使い分ければ困ることはないと思います。このカードは年会費無料ですので、どちらにしても、作っておいて損はないと思います。

また、CreditUnionに入っていると車保険AAAの割引を受けることができます。
インターネットも充実しており、CreditCard決済、口座間のTransferなど容易に行えて便利です。最近使用した小切手の写真がWebsiteで見えるようになり非常に助かります。

海外送金ではRegularの方のHPに問題が昔あったとありましたが、私が去年やった限りではまったく問題ありませんでした。給料は次の日にはきっちり振り込みされていました。

以上を踏まえて、銀行口座はCreditUnionをお勧めします。支店は、Union地下とNorthCampusの図書館とつながった建物(ピアポントコモン)一階にあります。


Q4. どこのクレジットカードを作ればよいか?

前述したように基本的には、クレジットヒストリーがない留学生(帰国子女は除く)は、渡米当初よりクレジットカードを作ることは難しいです。(Debitカードは信用取引がおこりませんので、どこの銀行でも簡単につくることができます。)

その中で前述したCreditUnionは、1000ドル限度の学生専用CreditCardを作ることができます。また、私は使用しなかったのですが、多くの友人がプレミオカードを使用しており、こちらもお勧めとのことです。

プレミオカードは年会費$35、JALファミリークラブ・プレミオカードは$70かかりますが、クレジットヒストリー無しで手続きが行え、ドル決済5000ドル限度のカードが作れます。また米国出国前の日本でも手続き可能です。(日本にいる時から作っていたほうが便利のようです)

プレミオカードは年会費がかかるので、今後も海外出張が多い人、JALのマイレージを貯めたい方、DebitCardよりもCreditCardを多く使用したい方(限度額が多いほうがいいかた)には、お勧めではないでしょうか。(Credit UnionのCreditカードは年会費無料ですが、限度額が1000ドルは使い勝手が悪い。)

年会費がかからないほうがいい方、大きな金額の決済はDebitで直接引き落としでもいい方などは、年会費無料のCreditUnionのCreditカードのほうがいいと思います。

その点を考慮して、
CreditUnionのDebitカード+ Credit Union Creditカード
もしくは、
CreditUnionのDebitカード+プレミオカード(Credit) のどちらかのセットがいいのではないでしょうか。

プレミオカードについて詳しくは下記HP参照してください。
http://www.premio.com/
by michiganlife | 2005-01-07 00:35 | 渡米準備編