留学経験なく、英語ができない夫婦が四苦八苦しながらも、留学の勉強以外に、体育会系クラブ、Party、旅行とかなりチャレンジしながらも、充実した留学生活を送っていった物語とその後の人生を綴っております。


by michiganlife
カレンダー

2003年 02月 24日 ( 1 )

授業スタート

いよいよ、授業のスタート。
午前中にネットワークのセットアップの方法の説明。
すでに終了していたので気分的に非常に楽々でのぞみました。
その甲斐あってか?、英語がわからないためか、GMBAのコーディネーターのLindaの話は???の部分が多かった気がした。

食事を挟んで授業スタート。
席は、すでにAssignされていました。一番前に座ろうと考えていた私にはちょっとショック。一番前は先生とも結構話しやすいんですよね。まあ仕方がない。
となりは、韓国人女性のレポーター。彼女は私がとなりに座りびっくり。どうやら、昨日空港で荷物運びを手伝っていたのを見て、コーディネーターだと思っていたようだ。(そんなに、老けてたか。。。)一見、とっつきにくそうな彼女も話してみると面白い。さすがリポーター?!(結局、そのあと妻を含めて家族ぐるみで付き合う仲のよさに。)

授業はコミュニケーションのクラス。教授はジェーン・トーマス。優しそうな女性です。コミュニケーションとあって、いきなり自己紹介。勿論英語。。。クラスの前に座っている人からスタート。みんなさすがに緊張していた。自分は真ん中のほうに座っていたのだが、やはり関西人。英語どうするかってことより、どうやってうけをとるかばかり考えていた。。。
2列目ぐらいになると、徐々に笑いもおき、(その中でも、どんな話が笑いになるか、あほなぐらい冷静な自分がいた)雰囲気は打ち解けていきますが、やっぱり自分が発言するまでは緊張しましたね。(うけるかどうかが!?)まあ、色々考えても、結局はもちネタ(ダンスの話)を使用。で、予定通り、踊ってといわれてからは、波にのりました。。。(典型的関西人)。最初に覚えてもらうにはやっぱり芸にたよってしまいます。

そんなこんなであとは終始リラックスして授業にのぞむことができました。(関西人のお仕事おわり)。やはり、当時は英語の理解度が低かった気がします。ななめ前には、鋭いメガネをかけたシンガポール人発言もマレーシアなまりの超早口で、しかも眼球がするどい。こやつには近づけん。。。。(あとで仲良くなるKJ。彼も結局一番の親友に最後にはなっちゃいます。。)こやつの言ってることは、97%分からなかった。

授業終了後、予定通り、英語のききとりができないショックと一日中英語づけで疲れた。なんせ、みんなで一日中一緒にいるから、トイレも食事時も英語。当然ですが。明日の予習をやって(やったつもりになって)就寝。

c0014416_4571172.jpg

by michiganlife | 2003-02-24 17:49 | JapanSession(日記)