留学経験なく、英語ができない夫婦が四苦八苦しながらも、留学の勉強以外に、体育会系クラブ、Party、旅行とかなりチャレンジしながらも、充実した留学生活を送っていった物語とその後の人生を綴っております。


by michiganlife
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

子供の成長をみて

1.子供の成長

子供の成長を見るのが楽しい。

最近は色んな言葉と動作を覚えだした。

まるでドラクエをやっているときに、経験積んでレベルがあがり、魔法を覚えた、
あの新鮮な感動。

一日一日わずかな成長。一日でわずかに一言・一動作を覚える進歩。

それでも1週間たつと、かなり成長したと実感する。


大人の成長も、仕事上での経験も同じように一日一日のわずかな一歩が
大事だと思った。日々自分がどう成長しているか分からないが、一日一日を
大切にして『昨日の自分に今日は勝つ』と過去の自分を超える努力をして
いれば、きっと見違えるように成長するはず。

ライバルは昨日の自分・今日の自分。常に上を目指す。

例え、覚えた魔法が『どうぞ』という一言であっても、一日中『どうぞ』と娘が言い続け、「人に物をあげるのは『どうぞ』というんだな~」と娘が理解する。そして色んな物を僕や妻に渡そうとする。

お風呂ではシャンプーやリンス、洗顔料を渡してくれるようになった。
どれもこれも成長です。愚直に頑張れば大人になっても成長します。


2.やりがい-成果の架け橋

娘に挨拶や遊びを仕込んでる時にに感じたのは、教えるときに、いかに『成果/やって欲しい動作・話して欲しい言葉』と娘の喜びをつなげるのが大事かを実感した。成果だけを求めていても娘は一向に動かない。娘は娘のやりたいことがあるし、感情がある。僕らはいかにその感情と成果を結びつけるか、それを助ける役目しかない。娘の喜びは親の笑顔であったり、ご褒美であったり、親の拍手であったり、親に本を読んでもらうことであったり。一度習った技、たとえば『ごちそうさま』と手をあわせてお辞儀することを習わせるときに、いつも満面の笑顔でほめてあげると、嬉しそうに、何度も何度もその動作を繰り返す。そうやって次第に色んなことを覚えていく。

如何にみんなのやりがいと成果=成長=成功を結びつけるか。これが使命だと思う。自分のMissionはみんなの架け橋になること。
by michiganlife | 2007-02-06 22:29 | 留学後記