留学経験なく、英語ができない夫婦が四苦八苦しながらも、留学の勉強以外に、体育会系クラブ、Party、旅行とかなりチャレンジしながらも、充実した留学生活を送っていった物語とその後の人生を綴っております。


by michiganlife
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

仕事 9/24/2006

最近仕事で遅くなることも多く、明日も休日出勤。しかし、思ったほど苦にはなっていない。不思議なことに。もちろん、家族との時間が減ってしまうのは正直辛いし、それを理解してくれる妻には非常に感謝してます。ただどんなに遅くなろうが、今は仕事をしていてもあっという間に時間が過ぎていく。

ミシガン大学に留学していたときも同じことがあった。毎日、Discussionは夜まで続き、Reportを仕上げるのに徹夜の日々。でも充実感があった。Team Memberがもうこのあたりで出そうという話になっても、妥協したReportを出す気持ちにはなれず、もっとやろうとTeamを引っ張っていたことも多かったように思う(その分、たくさんの人に迷惑をかけたが)。

今の仕事は、辛い日々が続くことが多い。プレッシャーも相当ある。各部署からクレームもある。部署の中では一番したっぱ。自分の意見はそうやすやすと通るわけはない。新しい部署にきてまだ1年。知らないこともまだまだたくさん。怒られることもしょっちゅうある。先輩に愚痴ることもあれば、家族に悩み相談をすることもある。相当落ち込むことも何度も。そしてこれからもずっと続くだろう。


娘ができてから、家族のありがたさ、妻のありがたさを再認識したが、一方で、Business manとして、大きな目標に向かって、でかいことをやり遂げたいという気持ちが強くなったのも事実。そして、この会社でやれることもまだまだたくさんあり、それも自分しだいでやっていけるということも確信した。これからは今以上に自分の信念を貫こうと思っている。

昔は正直、『これをやると自分に×がつくかもしれない。』と保守的に考えてしまっていたところもあったが、最近、『出世とは何ぞや?』とすごく考えるようになった。自分の働くIncentiveは出世ではない。一方で、自己実現をしようと思うと、絶対、権威・ポスト・権力が必要だとも思っていた。より大きな仕事は出世しないとついてこない。これは事実。ただ、では部長になれば自分のやりたいことができるかというとそれはNo. 部長の上には役員がいる。役員になっても上には社長がいる。社長になっても、株主の力は強いし、Marketのプレッシャーは強い。では、サラリーマンである以上、自分のやりたいようにはできないのだろうか?お金持ちになって物言う株主になるほうがいいのか?自分で会社を興すしかないのか? 答えはNoだと思ってる。

平社員であろうが、権力がなかろうが、自分の信念をしっかりもちさえすれば、どこのポジションにいても自己実現は可能だ。勿論一人の力では何もできない。上司を説得する必要もあるし、部下の協力も必要だし、同期・同士からの意見・協同も貴重だ。一人では何もできない。志を強く持って一つずつ地道に変革を起こそう。そのためには、みんなの意見を聞いて、みんなの協力を仰ぎならが、みんなで変えていく。会社をよりよくすること。それを通じて一人一人が自己実現し、自己成長すること。それが刺激となって周りにも波及する。それが大きな力になる。その力は誰にも止められない。今の会社は変えるべきところもたくさんあるが、まだまだ変えることができる可能性をたくさん秘めている。それは会社ではなく、会社にいる人間の能力の高さからだ。特に若手の。

どこまで出世するかは人によって違うだろうが、いずれ人は会社を去る。どこのポジションまで行こうがいずれ去る。去るまでにできるだけ自分の力を試したいし、会社を少しでも動かす動力になりたい。着火マンでも導火線でも縁の下でも何であっても。多くの人で会社を動かすときのひとつの役目ができればそれでよい。将来どうなると気にしてたら、一生、将来気にして仕事をすることになる。そんなのでBusinessman人生が終わるのはもってのほか。勿論、家族を路頭に迷わすことはしてはいけないが、今を精一杯生きる、自分の信念を貫き、実現する。それが大事。それが必ず将来の自分にもつながってくる。

明日も自己実現をするために会社に行ってきます。
そしてできるだけ早く帰って残りの時間は家族とのんびりとすごしたい。
by michiganlife | 2006-09-24 01:25 | 留学後記