留学経験なく、英語ができない夫婦が四苦八苦しながらも、留学の勉強以外に、体育会系クラブ、Party、旅行とかなりチャレンジしながらも、充実した留学生活を送っていった物語とその後の人生を綴っております。


by michiganlife
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

Leaderの姿 9/23/2006

Visionを掲げみんなを引っ張っていくLeader。

今日、1人のLeaderの姿を見た。

①自分の理想を掲げ、それに対して何が何でも実行するという強い信念を持ち、どんな困難があろうとも、どんな反対があろうとも実行する決意を変えない。どんなに抵抗勢力があろうとも、まったく屈しない。まず、明快なGoalを定め、それを達成するために、部下全員の数値目標も明確にする。細かなことは気にしない。大きな目標さえ達成すればいいのだ。


こんなLeaderはどう思うでしょうか。



私の答え:最悪です。

①何故抵抗勢力があるのか?なぜ反対者がいるのか?本当に掲げる理想を実行するのに必要な要件をわかっていますか?なぜ抵抗者がいるのでしょうか?単に保守主義だからでしょうか?『できない』というのは、何故できないのでしょうか?やる気がないからなのでしょうか?障害があるからなのでしょうか?能力がないからなのでしょうか?

②理想を掲げるのはすばらしいこと。ビジョンが明確なのもすばらしいこと。でも理想と現実は異なります。理想を現実にするとき、理想だけをかかげて本当に実行できるのでしょうか?理想を実行するときは、細かなところまで実行計画を練らなければなりません。その場合、色んなこまかな問題がでてきます。それを単にやれ!というだけでは何も解決しません。それはどうやって解決していくものなのでしょうか?何でできないんだ?だけで終わる人はLeaderにはなれません。何が問題なのか理解し、一緒に取り組んでいく必要があります。



僕が考える理想のLeader像
①明確なVisionを掲げるだけでなく、それがどれだけ重要かということに対して、部下・同士を含め全員のConsensusをとる。一人だけがVisionを掲げても、ついてくるものが理解してなかったり、納得いかなかったり、不満をもっていれば、推進力は弱くなる。まずは全員の理解と納得が大きな第一歩。

②単にVisionを掲げるだけでなく、単に理想をかかげるだけでなく、それを実行するために詳細をみんなと一緒に練っていき、実現するためには何が問題で何が足りなくてどういう工夫が必要か。Leaderは全員と一緒に考えます。単に命令するだけのManagerであれば何もいりません。誰でもできます。理想を言うのは簡単。評論家はいらない。実行するのは頭で描くよりも相当難しい。

③Leaderは命令しません。全員が成長すること・自分を通して自己実現すること・やりがいを感じること・達成感を感じること・困難を克服することにより自分が大きくなること・全員で大きな目標を達成することで、よりよい環境、よりよいTeamづくりをすること。それらをLeaderはサポートするだけ。どちらに向かっていくべきか、全員を同じ方向に促すだけ。自主的な組織はそうしないとできあがりません。そして、みんなで刺激をしあう。


これが私が目指すLeader像です。今日は、反面教師に出会った日でした。

自分が組織を動かすときは必ずこうします。
by michiganlife | 2006-09-23 01:48 | 留学後記