留学経験なく、英語ができない夫婦が四苦八苦しながらも、留学の勉強以外に、体育会系クラブ、Party、旅行とかなりチャレンジしながらも、充実した留学生活を送っていった物語とその後の人生を綴っております。


by michiganlife
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

朝と夜  2/4/2006

『必ず朝は訪れる。しかし、夜明けまでは暗くて長く感じる。その長さに耐え切る意志をもつことで成功が手に入る。』 諸葛孔明

『成功とは成功するまでやること。90%の人はすぐそこまで成功が近くに来ているのにあきらめて止めてしまう。』 松下幸之助

『雲と上司はいずれ去る。』 ????



本当に日々、人生・仕事は山あり谷あり。仕事が充実していればいるほど、人生が充実していればいるほど、その山は大きくそしてその谷も深い。奈落の底に落ちる気分だ。でも、その奈落の底から這い上がれる人と途中であきらめてしまう人は、いったい何が違うのだろうか?

昔は、自分が、途中であきらめてしまう人にならないようにと、自分のことで精一杯でした。

ダンス部の時⇒優勝した後の予選落ちは相当ショックでした。もうやめよかと、もう終わりだとかなり精神的にこたえました。
留学準備の時⇒英語の点数が上がらず、もうどこも通らないという錯覚で日々苦しい日々が続いてた。
仕事⇒『もう、やってられるか!』と思うこと何度も。


今:何故か、最近は谷を軽く超えれるようになった気がします。というよりか、充実した人生を生きていないんだろうか?そんなこともないな。またきっと大きな谷がまた訪れるでしょう。そのときはまたがんばろ。。。

と、自分自身は昔に比べると大分前向きになった気がしますが、今は自分よりも周りの人のことを考えるようになってきました。

谷で苦しんでる人達を如何に助けてあげられるか、如何に山に向かって走る勇気を与えられるか、、、、、。結局、僕たちは勇気づけても走るのはそれぞれの人。気持ちの中で後押しをすることぐらいしかできない。走るのはそれぞれの人。走る人もいれば、そこで止めてしまう人もいる。


どうしたらいいのか?
どうやればいいか。

何が一番大事なんでしょうね??
by michiganlife | 2006-02-04 06:43 | 留学後記