留学経験なく、英語ができない夫婦が四苦八苦しながらも、留学の勉強以外に、体育会系クラブ、Party、旅行とかなりチャレンジしながらも、充実した留学生活を送っていった物語とその後の人生を綴っております。


by michiganlife
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

三振力  11/16/2005

『後悔したことありますか?』と聞かれた。

一杯あります!


今日は一つ後悔した話を。


小学校の時、校区内にあるソフトボールチームに入ってました。体も小さく、力もなかったので、打順は2番や6,7番。守備もピッチャーとセカンド。

ただ、実は今考えると、僕は三振したことがなかった。で、空振りすることもほとんどなかった。
これ、今考えてみると、

単に三振するのが嫌だっただけ。

三振・空振りするのが恥ずかしかった。

空振りが、なんか『負け』って感じがして嫌だった。

なので、三振しないように、今考えると思いっきり振り切ってなかったような気がする。

ホームランは狙わずに、センター前ヒットだけを狙ってた。


そんな少年時代の僕がいた。


今考えれば、みんな思いっきりバットを振り切ってた。空振りもするけど、豪快なホームランも打ってた。



これは大人の世界でも何でも共通する。

三振=失敗。

失敗を恐れる余り、思い切ってバットを振り切れない。思い切って行動できない。

それは、空振りすることを恐れて。



空振りは3回しなけりゃいい。2回までは誰でも許される。それに3回失敗しても、9回のうち、8回空振りして、1回ヒットを打てたら、あんたの打率は.333で打率10傑にのる高打率。

空振りして、失敗して、笑われたり、怒られたりすることを恐れて、思いっきりスイングできないと、ホームラン打てない。失敗を恐れると成功はない。


三振力=三振する恐怖を振り払い、思いっきり振り切る力。





三振力をつけよう。。  
 


後悔はしてるが、その時代に帰りたいとは全然思わない。
だって、これからどんどんと思い切って三振できる機会がたくさんあるから。



少年時代に習った三振力。   今日も、三振、三振。  豪快であると気持ちいい。
by michiganlife | 2005-11-17 00:02 | 留学後記