留学経験なく、英語ができない夫婦が四苦八苦しながらも、留学の勉強以外に、体育会系クラブ、Party、旅行とかなりチャレンジしながらも、充実した留学生活を送っていった物語とその後の人生を綴っております。


by michiganlife
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Willingness to pay (WTP) わかりやすい例で  1/12/2005

Strategyの授業で習ったこと基礎の基礎を復習してみる。

Willingness to pay (WTP)= お客さんがその物を手に入れるためにどれだけのお金を払ってもよいか。つまり顧客にとっての価値である。 

これは、その物をつくるのにかかるCostにはまったく関係がない。
Marketでいくらで売られていようがまったく関係ない。
一人一人の価値判断で決まる。
価値が明らかにわかっていてもついつい買ってしまう。
何が顧客を買う衝動に駆り立てるのだろうか。


結局わかることは、私が
この商品に10$だして買ってしまったということだけだ。

c0014416_18491571.jpg

by michiganlife | 2005-01-12 18:53 | AASession(日記)