留学経験なく、英語ができない夫婦が四苦八苦しながらも、留学の勉強以外に、体育会系クラブ、Party、旅行とかなりチャレンジしながらも、充実した留学生活を送っていった物語とその後の人生を綴っております。


by michiganlife
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

20年前の自分と対面 9/23/2005

c0014416_0535249.jpg
20年前の自分と会う機会があった。

本当に偶然、私が小学校4年生だったとき通ってた小学校が創立80周年を迎えた。その時に学校全体でタイムカプセルを埋めようということになり、創立100周年にそれを開けようということになった。
c0014416_1114730.jpg


そして、20年の月日が過ぎた。


私は20年前に何を考えていたんだろう。そんな素朴な思いが私を姫路の実家にある小学校に足を運ばせた。


こういうタイムカプセルとか昔の思い出は色んなことを思い出させる。今、名古屋万博が終わりを迎えようとしているが、タイムカプセルを埋めたのと同じ年、1985年には、つくば万博が開催された。そのときにあった一つのイベントが「科学万博ポストカプセル2001・21世紀のあなたに届ける夢の郵便」。 15年後の2001年1月に送り先に手紙が届くという企画。2001年2月にたまたま結婚をした私。結婚式場に届けられた1枚の手紙が、当時5年前に亡くなった祖父から届いた手紙だった。祖父が15年前に孫の私に書いた手紙だった。

1985年、つくば万博にいったことなどの思い出、『おじいちゃん、長生きしてね』と買ってきたお守りを大事にしてるって話など。。。 いろんなことが書かれてあった。そして最後に一言。『おじいちゃん、今頃どうしてるかなぁ~』。。。 かなりジーンときた感動の手紙だった。

そんなことも思い出しながら、同じ1985年の思い出を求めて小学校に行った。


小学校のシンボルでもあるくすのきの下に集合。その合言葉でみんなが集まった。
c0014416_0541353.jpg



当時の先生や同級生にあった。20年ぶりの再会!
同級生はみんな変わってた。20年もたってるもんな。。。
みんな色んな人生歩んでた。家業を継いでいたり、結婚して子どもがいたり。。。

そして、20年前の僕と対面した。
当時、20年後に残したいものを入れるようにとだけ言われて、自分が入れたものが

『一枚の絵とその裏に自分の紹介が書いてあった。』

自分が予想していたのが、
『将来の夢は。。。』というような内容。たしかに、同級生をはじめ、5年生、6年生が残していたのが、将来の夢。将来の夢は宇宙飛行士になる。。。そんな作文が多かった。

しかし、私の作文には、今僕は○○ですといったような現実をとらえるような文章だけを書いていた。

20年前の私はそんな夢も語らない超現実的な子どもだったようだ。

自分は何を考えていたんだろうか。

たしかに、野球やってたけどもプロ野球選手にはなれんやろうって小さな時から思ってた気がするし、勉強してえらくなって○○になろうってことも全く考えてなかった気がする。ただ、勉強も好きで、学校も好きで、みんなと遊ぶのが好きだった。

当時担任の先生とも会えた。

先生がカプセルに入れてたアルバムにはこんな一言が。
『印象深いしっかりものの34名。個性的な子ども達だ。。。』
c0014416_110281.jpg


そして先生と自分が少年だったときの話を教えてもらった。
『しんのすけくんは、いっつもイタズラしてもニコニコ笑ってごめんっていってたな~』というのが私への印象だったらしい(笑)

楽しいままに過ごしていたのか、何も将来のことを考えずに幸せにくらしてたのかな~

今のほうがよっぽど夢持ってるような気がした。

そんな、超現実的な少年時代と再会した一日だった。


ただ、担任の先生から別れ際に言われた言葉が全部自分を迷いから救ってくれた気がした。

『しんのすけくん、今ほんまに輝いてるよ。』


その言葉を胸に刻んで、小学校を後にした。
by michiganlife | 2005-09-25 00:53 | 留学後記